ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月16日 18時45分
現役続行を発表した皆川賢太郎選手 (C)ORICON DD inc. 

皆川賢太郎選手が現役続行を会見で発表 両ヒザ再手術せずソチ五輪目指す

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 バンクーバー五輪・アルペンスキー男子日本代表の皆川賢太郎選手が16日、都内で会見を行い、2014年のソチ五輪出場を目標に現役続行することを発表した。皆川は「自分の競技はリスクが高いが、4年間を使って(メダル獲得へ)挑戦できるなら…」とコメント。両ヒザの状態については医師やトレーナーとの相談の結果、再手術はしないとして「精神的にはメダルを取りたい状態に戻った」と語った。今後、状況によっては活動資金難に陥る可能性もゼロではないが「一番は自分の気持ちでやれるかどうか。(そのような場合は)自分でスポンサー回りをして(資金を)作っていきたい」と真剣な眼差しで語った。

 皆川は1998年の長野大会から4大会連続で五輪に出場。2006年のトリノ大会では、男子回転で4位入賞を果たした。2009年にはスキーのフリースタイル・モーグル女子の上村愛子選手と結婚。夫婦での五輪出場となったが、2010年のバンクーバー大会ではスタート直後に棄権するという残念な結果に終わった。また、今月14日開催の『ナイス・カップル大賞』授賞式では去就について「家族会議をして決めたい」と話していた。

 バンクーバーから帰国する飛行機のなかで、上村に対して現役続行する意向を伝えたと明かした皆川は、「実はバンクーバー五輪で、トリノ以上の成績(メダル獲得)となれば、引退することも考えていた」という。しかし、レース序盤で棄権となってしまったこと、また、それ以前にも実父の死去や大きなケガなどが重なり競技に集中できず、十分なコンディションで大会に臨めなかったことを反省した。その一方、上村の存在については「周囲に本当のことを言えない時に悩んでいても支えてくれる」と、今後の現役続行において不可欠であることを強調した。

 ソチ大会までの4年間ではまず、1年目に両ヒザの治療と国内レースを中心に参戦。また、夫婦として過ごす時間も重視しており、挙式などについても具体的に検討していく模様。2年目からは、ヨーロッパなどでの海外レースへと再び舞い戻り、五輪出場における重要なポイントとなる“ランキング”上昇に向けて着実に歩んでいく計画だ。なお、上村の現役続行については「相談はあるけど、彼女は世界一になったことがあるし、ベストを尽くせている。(引退するかは)僕や周りが決めることじゃないし・・・どちらになっても応援していきたい」と話すにとどまった。

期待の新星からベテラン選手までの話題が満載!「スポーツ」関連ニュース記事一覧

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。