ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月17日 06時30分
ダウンタウン・松本人志 (C)ORICON DD inc. 
(左から)宮川大輔、ダウンタウン・松本人志、千原ジュニア (C)ORICON DD inc. 

『○○な話』で松本人志、初の単独ゴールデン「手応えまぁまぁある」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志、千原兄弟の千原ジュニア宮川大輔が16日、今春からゴールデン枠に進出するバラエティ番組『人志松本の○○な話』(フジテレビ系)の会見を都内で行った。単独でのゴールデン枠レギュラーは初となる松本は「この先どうなるか楽しみ。手応えはまぁまぁある」と語るも「ジュニアと2人で頑張ってきた感があったけど、(宮川が)急に入ってきて…。どうなるかわからないですわ。馴染めなかったら、どっかの祭りに行ってもらおうかな」と後輩イジリで笑わせた。

 同番組は、バラエティ番組『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)のスピンオフとして、松本と千原を中心に2009年4月14日に23時台で放送開始。会見で松本は「大輔は、スタジオではいつも(緊張で)あがってるから、あがらない大輔君を見てみたい」と新加入の宮川にプレッシャーをかけると、千原も「楽屋では盛り上げてくれるんですよ」と宮川を追い込んだ。

 2人からの“期待”を受けつつ宮川は「僕が入って、良くなったという声が聞こえるように頑張ります!」と真摯に意気込みを語ると、オチのある話を求めた松本は「今もあがってますからね」と追い討ち。困惑する宮川は「(番組において)僕のポジションはなんなんかを見つけたい!」と、かろうじて同情を得る形でその場を丸め込んだ。

 過去に同番組で披露した話が反響を呼び、千原は「今日も赤いパンツを履いてるの? って言われるようになった」と苦笑い。そして松本が「駐車場に閉じ込められたって話がね…」と続くも、『すべらない話』時のエピソードであることを千原から突っ込まれ「これはこれは、“間違った話”をしてしまいました」と釈明していた。

 ゴールデン進出にあたり、「好きなものの話」や「ゾッとする話」などいくつかのテーマにそって松本をはじめ、ゲスト出演者がバラエティに富んだトークを展開していく。番組『人志松本の○○な話』は、5月8日(土)より毎週土曜午後7時より放送。初回は2時間スペシャル。

◆関連ニュース一覧 フジテレビよしもと芸人

 

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。