ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月17日 08時15分
『祝35年目突入記念 「出張!徹子の部屋」お宝映像も大放出SP』(仮)のMCを務める黒柳徹子と雨上がり決死隊 
『祝35年目突入記念 「出張!徹子の部屋」お宝映像も大放出SP』(仮)の収録の模様 
『出張 徹子の部屋』ロケでは、フィギュアスケーターの浅田舞・真央姉妹をたずねた 

『徹子の部屋』ゴールデン初進出! 「こんばんは」に新鮮味

■『徹子の部屋』過去の訪問者は?

 女優・黒柳徹子が司会を務め、放送35周年目に突入した人気長寿番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)が5月1日放送で番組史上初めてゴールデンに進出することが16日、わかった。収録終。黒柳は「確かに今まで『みなさんこんばんは』って言ったことは『徹子の部屋』では一度もなかった」と振り返り、セットの窓の外が暗くなっているこだわりぶりにも「夜の風景なんて面白い!」とテンション高めに語った。

 1976年にスタートした同番組初となるゴールデンでは、2時間スペシャルで黒柳が“今、会いたい人”のもとへ訪れる初の試みとなるロケ企画や、家族のキズナをテーマにゲストの知られざる素顔に迫る。

 ゲストとして招かれたお笑いタレントへの少々厳しい接し方を“芸人殺し”としてフィーチャーした「徹子の部屋芸人」なるコーナーで、新たに若者への関心を集めたバラエティ番組『アメトーーク!』のMCを務める雨上がり決死隊がスタジオに登場。黒柳は「はじめは、もっとちゃんとお話ししてるところもあるのに、私が攻撃してるところばっかり集めて『私のことすごく意地の悪い変な人に見えない?』って周りの人に聞いたら見えないって言うので、雨上がり決死隊の方には何も恨みはない」とキッパリ。

 さらに「この頃皆さん何でも笑っちゃうから、そういうのは芸人を育てないって言われてますよね。私はいつも正直であろうと思っているので、そのとき、そんなに面白くなければ……やっぱり冷たくするところは冷たく、残酷かなとは思うけど」と今後も素直なリアクションはやめない。しかし「その方の人格は認めてるんですよ。はっきりみなさんに尊敬もうしあげてお迎えしてるんです」と“芸人殺し”の裏には黒柳の強い母心であることを明かした。

 これまでの放送をVTRでも振り返り、「皆さん初めから心を開いて話してくれるのでありがたい。あんなにインタビュアーを信頼して話してくれることってあるんだろうかと皆さんに感謝する気持ちでいっぱい」と感慨深い様子。かねてより、放送50周年でも現役続行だと語っている黒柳は「90歳の人がインタビューしてるのって、されているのは見るけどあんまりないんじゃないかと思って。『90歳の人が聞いてるんだから話してくれてもいいんじゃないの?』って、かなりのことが伺えると思う」と意欲は衰え知らずだ。

 その頃には“芸人殺し”は「もっとすごくなる! わからないけど、その頃のお笑いってどうなるんでしょう……」とはつらつと語り、90歳になって呼びたいゲストには「政治家の方に来ていただいたことがない。90歳になったら政治家の方をお呼びして、聞くべきことはギリギリまで聞きたいと思っています。政治専門じゃないのでそこのところは難しいと思うけど、絶対答えていただきますってことでお呼びしたい」と期待をあおっていた。

 初ゴールデン進出番組『祝35年目突入記念『出張!徹子の部屋』お宝映像も大放出スペシャル』(仮)は、テレビ朝日系にて5月1日(土)午後7時より2時間スペシャルで放送。


◆過去にはこんな有名人も『徹子の部屋』を訪問
オノ・ヨーコとショーン『徹子の部屋』出演
出川哲朗、念願の『徹子の部屋』初出演
渡辺篤史が『徹子の部屋』で失敗談
ウィル・スミスに徹子ウットリ 
芸人殺し『徹子の部屋』に人気芸人が訪問!
渡辺謙、夏にも初孫 長女・杏が明かす
成宮寛貴が黒柳徹子とファッション談議


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。