ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月10日 07時00分
Seventeenモデルの岡本あずさ (C)石川雅之・講談社/もやしもん製作委員会 

実写版『もやしもん』“女装男子”結城蛍役にSeventeenモデル・岡本あずさ

■その他の写真ニュースはこちら

 実写化が発表され話題のドラマ『もやしもん』(フジテレビ系)で、ゴスロリ衣装が印象的な“女装男子”の結城蛍役をファッション誌『Seventeen』の現役モデル・岡本あずさが演じることが9日、わかった。「声を少し低くしたり、男らしい仕草をしたり、自分なりに精一杯、結城蛍になりきるよう努めました」と気合いもたっぷりだ。

 漫画家・石川雅之による“世界初の菌マンガ”として人気の同名コミックが原作。イメージを壊さないよう、元キャラ美里薫と瓜二つと評判のお笑いコンビ・笑い飯の西田らを起用するなど話題を集めており、追加キャスト発表も注目されていた。今回新たに判明した蛍は、中村優一演じる主人公・沢木惣右衛門直保の幼なじみで造り酒屋の跡取り息子。

 まさかのゴスロリ男子役に岡本は「すごく変わった面白そうな人物だと思った」と興味津々。「いざ自分が演じる事を考えると本当に難しく思え、戸惑いや不安でいっぱい」という本音ものぞかせたが「まだ私も見ていないかわいらしい菌たちの活躍など、どんな作品になっているのかとても楽しみです!」と、他の菌たちとの共演を心待ちにしていた。

 “連ドラのようなアニメ”というコンセプトのもとに設立された深夜アニメ枠『ノイタミナ』で、今回が初の実写作品。菌を肉眼で見ることができる主人公・沢木が通う農大の仲間たちとさまざま菌が織りなす日常を描き、実写版では原作の石川自らが一部の脚本を手がけたオリジナルストーリーも展開される。

 他の主要キャストは、ちすん(武藤葵役)、はねゆり(及川葉月役)、バッファロー吾郎木村明浩(川浜拓馬役)、加藤夏希(長谷川遥役)、黒沢年雄 (樹慶蔵役)。15日(木)深夜1時からの『ノイタミナ生特番』で、ドラマ『もやしもん』の先行映像が初公開。

 ドラマ『もやしもん』は7月より毎週木曜深夜12:45〜に、2007年に同作のアニメ版も放送された深夜枠“ノイタミナ”、関西テレビ、東海テレビ、BSフジにて放送。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。