ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月07日 14時00分
NHK今秋朝ドラ『てっぱん』ヒロインの瀧本美織(左)と祖母役の富司純子 

NHK今秋朝ドラ『てっぱん』新キャスト決定 ヒロインの祖母役に富司純子

■その他の写真ニュースはこちら

 NHKは24日、2010年秋からの朝の連続テレビ小説『てっぱん』(NHK総合・前8:00〜ほか)で女優・瀧本美織(18)演じるヒロイン・村上あかりの祖母・初音役に、女優・富司純子(64)を起用したと発表した。お互いに存在を知らなかった孫娘あかりと2人でお好み焼き屋を開業し、ぶつかり合いながらお互いの良さを認め合っていく重要な役どころを演じる。同日行われた会見で富司は「私の同世代の方々も、番組を見て『よし、今日もがんばるぞ!』と前向きな気持ちになっていただけたら」と意気込みを語った。

 18年前、親子の縁を切った娘・千春の消息をたどろうと広島・尾道を訪ねた初音は、そこであかりと運命的な出会いを果たす。本心とは裏腹な態度で初音にも絶縁を宣言してしまうが、ひょんなことから、大阪で初音が営む下宿屋にあかりが転がりこんでくるのだった。ガンボ(広島で「やんちゃ」の意)な孫娘を慈しみつつも甘やかさず、愛情深いイケズ(関西で「意地悪」の意)で見守るバアさんが開業した、お好み焼き屋の奮闘を笑いと涙で綴る鉄板繁盛記。

 富司は「私自身、疎開先の和歌山県で生まれました。そして小学校から高校1年まで大阪で育ちました。大阪への思い入れもとてもありますので、がんばりたいと思っています」と“故郷”を舞台にした同作に感慨深げ。富司の印象を瀧本が「“イケズなおばあちゃん”にはほど遠い優しい方」と話せば、富司は「私がデビューしたのも美織ちゃんと同じ17歳でした。まるで当時の自分を見るように、とても愛おしく思いました」と愛情あふれるコメント。「この子のためなら何でもしてあげたい」と本当の母親のような笑顔を見せた。

 ドラマ発表時、海辺潔チーフプロデューサーは、特に“いらんこと”を言わずにいられない「大阪のおばあちゃんの魅力をたっぷり見せたい」と意気んでおり、初音を通じて大阪人の気質がどう描かれるかも見どころのひとつ。最初から富司の起用を想定しており、ヒロインオーディション時は「若い女優さんを見ながら常に富司さんとの2ショットを思い浮かべながら面接した」という。富司のNHK朝ドラ出演は、2004年『天花』以来2度目。

 舞台となるのは大阪と広島・尾道。大阪が朝ドラの舞台になるのは『ちりとてちん』(2007年)以来。広島が舞台になるのは『わたしは海』(1978年)以来、32年ぶり。尾道が舞台になるのは『うず潮』(1964年)以来、46年ぶり。9月27日(月)〜来年3月26日(土)放送。

◆関連ニュース ドラマNHK


⇒編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。