ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月16日 05時00分
滝川クリステルとともに司会を務める宮根誠司 (C)フジテレビジョン 

宮根誠司、初タッグ・滝川クリステルに「シャレにならんくらい仲悪くなる可能性も…!?」

■その他の写真ニュースはこちら

 東京進出初レギュラーとなる新生放送情報番組『Mr.サンデー』(フジテレビ系)の放送開始を控えたフリーキャスター・宮根誠司が、このほどインタビューに応じ、司会者として番組にかける想いや、本番まで会えない初タッグとなる滝川クリステルへの印象を語ってくれた。

―東京のレギュラー番組進出おめでとうございます!
宮根 ちょっと実感が無いんです。東京もたびたびゲストで呼んで頂いて仕事してすぐトンボ帰りという感じなんで、東京に長くいたことがない。東京の方々とレギュラーで仕事するのも初めてでどんな雰囲気なのか想像がつかない。日曜の夜10時って時間帯を考えると、意外とまったりしないでやった方が観ていただけるのかな。

―スタッフは何か企んでいるようですが?
宮根 僕と滝川クリステルさんを本番まで会わさせないと。ニュースをやるとして、どうなんですかね。人間的な信頼関係も築かないままやるわけですから、シャレにならないくらい仲が悪くなる可能性もありますよね。本当に(本番まで)会えないんだとしたら、僕はテレビでしか観たことないんで、会ったらアガります(笑)。

―どのようなスタンスで臨む?
宮根 今までにないニュース情報番組を作れればと思っていますので、今までの情報番組のテレビでの流れみたいなものをまったく無視して、今までにない形のニュース情報番組ができればと。(具体的には)ニュース? バラエティ? 情報番組? みたいなジャンルのない番組になっていければ。1回目放送ではボロボロになるか、すごい化学反応を起こすかどっちかやと思う。でもそんなドキドキ感て、こっちサイドにいりますかね(笑)。

―タイトルの『Mr.サンデー』について
宮根 このタイトル、実はめちゃくちゃ迷惑してまして…。僕は『ミヤネ屋』を月曜日〜から金曜日の帯でやっていて、それで『Mr.サンデー』ってお前どっちに力入れてんねん! ってものすごく空気が悪くなってるわけですよ(笑)。大阪の街のおばちゃんには『月〜金に大阪でやって、日曜日に軽く東京の空気を吸ってきます』というスタンスで説明します。平気で話しかけてきますからね」

―初対面となる滝川については?
宮根 本番まで会えないと思うので、変な話ですけどもし滝川さんに会ったら『アウェーでは僕弱いですよ』とお伝え願いたい。大阪だったら何とかやりますけど、東京はアウェーですから、『ミヤネ屋』とは違うと思います(笑)。

 宮根と滝川がさまざまなニュースに真正面から向き合っていく新たな日曜の夜の顔『Mr.サンデー』は18日(日)夜10時より放送開始。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。