ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月06日 05時00分
「nodame DEBUT!」のジャケット写真 
二ノ宮知子氏描き下ろし替えジャケ 
初回限定のみの「幻のLIVE録音盤」仕様となるnodame DISC 

“のだめ”の野田恵がピアニストとしてCDデビュー、「ベト7」シングル発売

■その他の写真ニュースはこちら

■初回限定盤は二ノ宮知子氏描き下ろしジャケット付き

 映画『のだめカンタービレ最終楽章』の主人公“のだめ”こと野田恵が、4月21日に発売される「nodame DEBUT!」で、クラシック・ピアニストとしてシングルCDデビューする。のだめ演じる上野樹里の演奏シーンをジャケットにフィーチャーし、演奏は映画同様ピアニストのラン・ランによる本格クラシックCDで、同作における重要曲「ベト7」こと「ベートーヴェン交響曲第7番イ長調作品92ピアノソロ版「リスト編曲」から 映画後編VER.」のほか2曲を収録。初回限定盤のみに封入される“替えジャケ”は、原作者・二ノ宮知子氏がジャケット写真と同様のアングルで漫画を描き下ろした。

 17日より全国公開される映画『のだめカンタービレ 最終楽章<後編>』は、ピアノ演奏において天才的な才能を持つのだめの音楽面の成長と、玉木宏が演じる千秋との恋の行方を描く完結作。今回発売が決定したシングル「nodame DEBUT!」は、ピアノ:NODAME(野田恵)名義で発売されるもので、ジャケットの写真もモノトーンで、上野演じる野田の演奏シーンをモチーフにした“いかにも”本格的なクラシックCD風となっている。

 また、初回限定盤のみの特典として原作者・二ノ宮氏がジャケットを漫画で描き下ろした“替えジャケ”を封入。もともと漫画が原作の同作が実写映画化され、その名場面を原作者が描き下ろすという異例の試みで、購入者はこの貴重な絵柄をCDのジャケットと差し替えることも可能。2種類のパッケージを楽しむことができる。

 なお、実際にCDで演奏しているのはすでに公開中『〜前編』でお馴染みのピアニスト、ラン・ラン。世界を股にかけて活躍するピアニストで、スケジュールもままならない程忙しいはずだが、映画内でのだめが弾くピアノは、隅から隅までラン・ラン自身が望んで演奏している。今回のCDでは、「ベートーヴェン交響曲第7番〜」のほか、ガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」、ガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー(2台ピアノ版)」(各曲とも映画後編VER.)の名演奏を奏でている。

 7日には、オフィシャル・アルバムとして『のだめカンタービレコンプリートBEST100』も発売。テレビドラマ、アニメなどでのクラシック演奏の聴き所をコンプリートした作品で、通常盤は4枚組、初回限定盤はDVD含む5枚組で発売。同アルバムには、映画後編クライマックスのショパンとラヴェルの協奏曲がラン・ランの演奏で全楽章完全収録。特に初回盤ではこちらもクラシックCDを思わせる「幻のLIVE録音盤」仕様となっている。

◆商品詳細:http://www.nodame-orche.com/


 玉木宏

【映画『のだめカンタービレ』特集】
上野樹里&玉木宏インタビュー! 『のだめ』シリーズへの想いを語る
『前編』をおさらい! 映画の場面カットフォトギャラリー
【無料動画】『のだめ』最終楽章 前編予告

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆「映画」関連インタビュー バックナンバー Vol.1Vol.2

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。