ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月03日 06時00分
新たにレギュラーに加わるオードリー 
ギャル曽根らが「東京ディズニーリゾート」でグルメ対決! (C)Disney 

オードリーが『いきなり!黄金伝説。』レギュラーに! タカトシ、濱口に宣戦布告

■その他の写真ニュースはこちら

 4月にゴールデン進出10周年を迎える人気バラエティ番組『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)に、4月15日の放送よりお笑いコンビ・オードリーがレギュラーとして加わることが決定し、お披露目会見が行われた。春日俊彰は「春日のテレビ朝日でのゴールデン初レギュラー権を引き当てた『黄金伝説』をほめてあげたい」と得意の“上から目線”がさく裂。すると若林正恭は「いや、アナタ、すごく喜んでいたじゃないですか、この話が来たとき。なんで、こういうインタビューになるとエラそうになるの(笑)」と春日の本性を暴露した。

 『黄金伝説』では、過去に“人気ファミリーレストランの全メニューを食べ尽くし”や2009年年末5時間スペシャルで八丈島での“サバイバル0円生活”で100キロを超える巨大エイを追うなどの伝説に挑んできたオードリー。毎回スタジオに登場するレギュラーとなる。今後やってみたい“伝説”について若林は「僕は基本的にやってみたい挑戦はないんです(笑)」と告白。だが、「八丈島に行った時に、自分の中に野性の部分があるんだなということに気付いたので、それがなんとかできたらな」と“野性”の存在をアピール。春日は「僕は全部の伝説挑戦に顔を出したいな」とぶち上げ、「一番やりたいのはサバイバルのときにやった素潜りで、なんとなくコツをつかんだぐらいのところで終わってしまっているので、素潜りの対決を(よゐこの)濱口(優)さんと挑戦させてもらいたいですね」と、得意フレーズ「獲ったど〜」でお馴染みの“野生児”濱口に対抗意識を燃やした。

 また、ほかのお笑いコンビとの対決について、春日は「(タカアンドトシの)タカさんが春日に相当なライバル意識をもっているので、ちょっとひとひねりしてあげたいな」とタカに宣戦布告。「オードリー対タカトシさん、というのをやってみたいですね」と怪気炎を上げていた。

 オードリーは、2000年にお笑いコンビ・ナイスミドルとして結成。2005年4月にオードリーに改名。2008年12月、『M-1グランプリ2008』(テレビ朝日系)で敗者復活戦から勝ち上がり、総合2位を記録し大ブレイク。その後も、「トゥース」「鬼瓦」などのネタで一世風靡した。CSテレ朝チャンネルでは『オードリー春日のカスカスTV』(木曜、後11時)が4月8日からスタートする。また、春日が、地上波初の単独でのテレビ番組司会に挑戦する『学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!』(テレビ朝日系 水曜・深夜1時21分〜)が4月7日より放送開始。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。