ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月02日 14時00分

関ジャニ、新番組でアイドルの限界に挑む過酷なロケに挑戦!!

■その他の写真ニュースはこちら

 人気グループ・関ジャニ∞が、4月4日スタートの新バラエティ番組『冒険JAPAN!関ジャニ∞MAP』(テレビ朝日系 日曜・前9時30分)で、福井県の若狭町を訪問し、過酷な“たたき網漁”に挑戦することがわかった。村上信五渋谷すばる安田章大が水面をたたき、コイやフナを驚かせて網に追い込む漁に挑み、安田は「こんなに面白い経験させてもらって、いろんな人に出会えて、ジャニーズに入ってよかった(笑)」とニッコリ。また、巨大なコイを追い込んだ渋谷は「初回からびっくりするようなハプニングがあって……確実にCMまたぎですね(笑)。そのおかげで、すごい一体感が生まれました」と新番組に手ごたえを感じたようだった。

 関ジャニ∞初の全国放送冠番組で、日本全国の村や町を訪れ、その土地の自慢や知られざる文化・歴史を体験する『冒険JAPAN!関ジャニ∞MAP』。第1回目は、村上、渋谷、安田が“冒険MAP”を手に若狭町を周り、“たたき網漁”で獲ったコイを料理店でさばいてもらい、コイ料理のコースとウナギも堪能。その後、地元の食堂で、この店ならではのオリジナルのカツ丼を満喫。最後にMAPに記された『塩坂越ののこりばあちゃん』を探すと、塩坂越民宿村で“のこりばあちゃん”を発見。若狭の郷土料理・へしこを作る名人である彼女の指導のもと、サバをぬか漬けにしたへしこ作りを3人が体験。自ら作ったへしこをホカホカのごはんの上に乗せ、お茶漬けで食した。身体が冷え切っていた3人は予想外のおいしさに絶叫。村上は「町で出会った人たちが皆さん親切で温かくて! 日本人が忘れかけていることに沢山触れ合えました」と現地の人との交流を楽しんだようだ。

また、4月11日放送の第2回は横山裕丸山隆平大倉忠義が和歌山県すさみ町を訪ね、現地に伝わる“ケンケン漁”を体験。船を走らせて、疑似餌を踊らせ、魚を釣り上げるご当地ならではの漁法でカツオゲットに奮闘。大倉は「やっぱり地方のものは、その土地で食べるのが一番いいですね。カツオ茶漬けが最高においしかった」と逸品料理に大満足。丸山は「仕事と思えないほど楽しかった!和歌山の人はカメラ慣れしてるのかと思うほどスッと入ってきますね(笑)」と語っていた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。