ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月31日 07時00分
(左から)ネプチューン(堀内健、原田泰造、名倉潤)、くりぃむしちゅー(上田晋也、有田哲平)、チュートリアル(徳井義実、福田充徳) 

異色ドラマ『デカ007』に“パパ”堀内健が決意のボケまくり!

■その他の写真ニュースはこちら

 人気トーク番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)のくりぃむしちゅーネプチューンチュートリアルの3組が出演するドラマ『デカ007』(同局系 4月26日・後9時)。先ごろ取材に応じたネプチューンの堀内健が、自身の役について「ハートは一直線。イルカの役です!」とボケをかますと、「お前……子供も産まれたんだろ、頑張れよ(笑)」と2月15日に長女が生まれ、父親となってもなおボケまくる堀内に、ほかのメンバー全員がツッコミを入れた。

 取材では、くりぃむしちゅーの上田晋也が「スタッフがスタミナがあるなと思う。ドラマって同じシーンを何度も撮るじゃないですか。バラエティは、3分のシーンは3分で撮れたりするから(笑)。5分のシーンを撮るのに何時間もかけていて、驚嘆しています」とバラエティとドラマの違いについて説明。対して、堀内が「(共演する)松方(弘樹)さんが画面に映ると、画がひきしまるんです。やっぱり本物の役者の方は違うなあって、“ひょうたん”しています」とボケると、上田が「驚嘆ね」とツッコむなどグループを越えた仲の良さを披露。また、上田が「僕はこのドラマでアカデミー賞を取りたいですね」と宣言すると、ネプチューンの名倉潤が「くりぃむは台本を読んでこない。ドラマをなめているんですよ」と暴露。くりぃむしちゅーは「そんなことないです!」と全力で否定するなど、爆笑会見となった。

 『デカ007』は、警視庁の新米刑事・初島修平(徳井義実)が密輸グループとマフィアの取引引き現場の捜査で大失態を犯し、『特務課』という聞きなれない部署への異動を命じられるところから始まる。そこは係長の本郷征四郎(名倉潤)をはじめ、真壁尚行(堀内健)、高田克己(上田晋也)、浦沢護(有田哲平)、鈴木照生(福田充徳)という、個性あふれる落ちこぼれ刑事ばかりの部署だった。夜は元刑事の結城和馬(原田泰造)が営む居酒屋で盛り上がる一同に初島は戸惑いを隠せない。しかし、ある日、密輸グループの一員の身元が判明し、捜査は急展開を迎える。

 『しゃべくり007』は、2008年7月土曜日の夕方で放送スタート。2008年10月から月曜10時枠に昇格。ゲストにギリギリ答えてもらえそうな質問を行い、ゲストがその質問に答えるか、NGかを決める“ギリギリ007”などで人気を集めている。


⇒編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。