ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月29日 14時45分
しずるの(左から)池田一真と村上純 (C)ORICON DD inc. 
会見の模様 (C)ORICON DD inc. 

しずる、初の“冠”レギュラー番組に大喜び

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いコンビのしずるロッチらが29日、都内で行われたTOKYO FMの春の新番組お披露目説明会に出席した。ロッチ、パンクブーブー、NON STYLEとともに日替わりでパーソナリティを務めるしずるの村上純は「ラジオもそうだし、僕らは冠となるものは初めてで、すべてが初めてづくし」と大喜び。ほかの3組に対して「芸歴で言ったら、僕らに若さで右に出るものはいない。パンクさんとかオッサンですから」と意気込み、相方の池田一真は締めの言葉を任されると「ん〜っ……聴け!!」とアピールした。

 4月26日に開局40周年の節目を迎える同局は、今春から制作費を前年度比10%近く増加させ、改変率52%と平日12時間を超える大幅な番組改編を発表。「アースコンシャス〜地球を愛し、感じるこころ〜」「ヒューマンコンシャス〜生命を愛し、つながるこころ〜」といった2つのキャンペーンの理念を拡大化させることを目的に、春の改変キャッチコピーとして「POINT LOVE ACTION」が掲げられた。

 しずるとロッチがパーソナリティを務める新番組『4ROOMS』では、若者文化の発信源である東京・渋谷を舞台に、探偵となった4組が若者の間で流行っているモノや人、音楽など日替わりの“調査依頼”を3時間かけて徹底的に究明していく。

 若さでは負けないと息巻くしずるに対し、ロッチのコカドケンタロウは「ぼくらは喋るのにしてもいちばんまったりしているので、平和な感じでアットホームにやっていきたい」と早くも独特の空気をかもし出していた。また番組の内容と絡めて“追跡したい人”を問われた村上は「根も葉もない報道をした記者の方を追跡したい。それが気になる」と優木まおみと自身の熱愛報道を引き合いに出して笑いを誘っていた。

 新番組パーソナリティの顔ぶれは『LOVE CONNECTION』(月〜金、11時30分〜13時)をLOVE、『シナプス』(月〜木、13〜16時)をやまだひさし、『4ROOMS』(月〜木、16〜19時)は、それぞれロッチ(月)、パンクブーブー(火)、NON STYLE(水)、しずる(木)が担当。また『JOGLIS+』(月〜木、19〜20時)を浅利そのみ(月・水・木)と吉澤ひとみ(火)、『RADIO DRAGON』(月〜木、20時〜21時55分)を高山都(月・火)を紗羅マリー(水・木)がそれぞれ務める。

⇒“カリスマモデル”紗羅マリーも参加! 熊田曜子の“限界露出”も注目
 『神戸コレクション2010 S/S』フォトギャラリー



⇒編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。