ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月28日 20時00分
ダブル受賞に喜びの表情を浮かべる森三中の黒沢かずこ (C)ORICON DD inc. 

【沖縄映画祭】黒沢かずこ、感涙「女芸人やっていてよかった」 主演『クロサワ映画』がグランプリ独占

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 “Laugh(ラフ)& Peace(ピース)”、笑いと平和をテーマに開催された第2回沖縄国際映画祭が28日に最終日を迎え、沖縄・宜野湾市の会場で、長編プログラムの各グランプリ作品が発表された。黒沢かずこ(森三中 )が主演した映画『クロサワ映画』(渡辺琢監督)が一般審査員20人と観客の投票によって選ばれる“Laugh部門・海人(うみんちゅ)賞グランプリ”と5人の審査員による“審査員特別賞・ゴールデン シーサー賞(金石獅子賞)”をダブル受賞。黒沢は「女性芸人をやっていて良かった」と感涙し、授賞式後の会見ではシーサー像を2つ抱えながら、「(2冠より、旦那さんより)とりあえず子供がほしい」と喜びを語った。

 黒沢は“Laugh部門”の海人賞グランプリを「映画界で『クロサワ映画』なんて言ったら怒られると思いますが、なんて言ったらいいのか…、ありがとうございます」と感極まって言葉に困る場面もあったが、「芸歴11年くらいになって、がんばらなきゃいけない時。若手もたくさんいる中で、自分が表に出ていることが信じられない。(主演映画を)たくさんの方に見ていただいてすごく嬉しいです。(賞金で)みんなでおいしいものを食べたい」と語った。

 前回の“Laugh & Peace”コンペティション部門がなくなり、今回は「笑える」=Laugh部門、「観終わった後に幸せな気分になれる」=Peace部門に分けて上映された新作長編映画各13作品(計26作品)の中から1作品ずつを、同映画祭の最高賞“海人賞グランプリ”として表彰。副賞としてそれぞれ250万円が贈られた。“Peace部門・海人賞グランプリ”は『A Match Made in Heaven』(アーディティヤ・チョープラー監督、インド映画)が受賞した。

 審査委員長を務めたキム・ドンホ氏(韓国)は、審査員特別賞の『クロサワ映画』について「女性芸人の孤独と愛と友情コミカルにリアルに独創的に描いて満場一致で賞を決めました」とコメント。同映画祭の実行員長を務める大崎洋、吉本興業社長も「ブスが泣くと、美人が泣くよりリアリティある」と毒舌で黒沢の熱演を褒めた。

【第2回沖縄国際映画祭受賞一覧】

●長編プログラムLaugh部門・海人賞グランプリ:『クロサワ映画』(渡辺琢監督、日本映画)
●長編プログラムPeace部門・海人賞グランプリ:『A Match Made in Heaven』(アーディティヤ・チョープラー監督、インド映画)
●審査員特別賞・ゴールデン シーサー賞(金石獅子賞):『クロサワ映画』(渡辺琢監督、日本映画)
●World Wide Laughグランプリ(賞金100万円):TBS「あらびき団」『The baloon man』 ※401本のお笑いショート映像の中から選出。
●CMコンペティション部門(賞金100万円):オークロンマーケティングショップジャパン『スタイルプラス パワージューサー』〜密かな楽しみ編〜
●新国際ニコニコ映画祭in沖縄 ニコニコ大賞(賞金20万円):nally/タイトル『中学星』

◆『第2回沖縄国際映画祭』特集
安室奈美恵がサプライズで登場! 豪華レッドカーペットフォトギャラリー
注目の作品がズラリ! 上映作品を一覧表でチェック
『第2回沖縄国際映画祭』関連ニュース一覧


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。