ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月26日 06時00分
小池徹平(左)と半田健人 ※クリックすると全員の集合写真へ (C)ORICON DD inc. 

小池徹平、芸能界デビューの“恩人”は半田健人!? 歴代ジュノンボーイ集結イベントが初開催

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』出身者が一堂に介する初のイベント『JUNON BOY FESTIVAL 2010』が25日、東京・JCBホールで開催され、総勢34名ものイケメンを一目見ようと3000人が来場。第14回のファイナリストで同期の小池徹平半田健人はイベント後の取材で、それぞれ「半田くんがいなかったら僕はいない」「小池さんのファンの皆さん、僕に感謝して」とコンテスト決勝当時を振り返って仲の良さをみせつけた。

 武田真治袴田吉彦柏原崇伊藤英明加藤晴彦平岡祐太ら人気俳優を多数輩出している同コンテスト。この日は第4回グランプリ(1991年)の袴田以外は2001年以降の受賞者ばかりとなったが、初開催ということもあり立ち見が出る盛況ぶり。小池は「みんな仲良いですね」と結束の固さをアピールし、半田も「久しぶりだよね。きょう徹平くんと会ったのも4年ぶりぐらい。この前も撮影所が一緒であいさつしたぐらいだったから」と再開を喜んだ。

 さらに小池は決勝当時のエピソードとして「当時はそんなに話さなかったけど、パフォーマンス前に僕のギターの弦が切れたとき、半田くんから『チューニング直した方がいいよ』って言われて。緊張して何も見えてなくなっていたけど、落ち着きを取り戻せた。半田くんがいなかったら、僕は今ここにいないんじゃないかっていうぐらい」と明かし、半田に感謝する場面も。すかさず半田も「小池さんのファンのみなさん、僕に感謝して下さい」と笑いを誘った。

 この日は袴田、小池、半田のほかに木村了加藤和樹石黒英雄中村蒼山本裕典溝端淳平、竹内寿、白石隼也三浦翔平市川知宏、渡部秀、秋元龍太朗、寺田拓哉、井深克彦、川村聖斗、後藤崇太、清水一希、菅田将暉、船曳健太と、昨年の第22回大会より稲葉友(グランプリ)、鈴木勝大(準グランプリ)、鈴木身来、大久保直樹、征木玲弥、内海大輔、佐伯亮、武部隼人、中山優貴、根岸拓哉、福井啓太、村松晃輔が参加した。

イケメン揃い!『JUNON BOY FESTIVAL 2010』の模様を写真でチェック!

◆歴代グランプリの情報をチェック!
2009年 稲葉友2008年 市川知宏2007年 竹内寿2005年 中村蒼2006年 溝端淳平2004年 石黒英雄

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。