ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月20日 18時00分
中村勘太郎(C)ORICON DD inc. 
授賞式の模様(左から勘太郎、吉永小百合、ナイツ)(C)ORICON DD inc. 

中村勘太郎、妻・前田愛との新婚旅行を報告 「20日間くらい海外を満喫」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優の吉永小百合、歌舞伎俳優の中村勘太郎、お笑いコンビのナイツが20日、東京・浅草公会堂で行われた『第26回浅草芸能大賞』授賞式に出席。奨励賞を受賞した中村は、司会者とのトークで「おととい新婚旅行から帰ってきたんです。(旅行は)20日間くらい。アフリカ、ギリシャ、あとフロリダに。満喫してきました」と昨年結婚した女優・前田愛とともに海外旅行していたことを明かし、「子供はまだです」としつつも夫婦の仲睦まじいやり取りを明かしていた。

 ステージに登壇する際に思わずつまずいた中村は「本当に嬉しくて感激。芝居以外で(ステージに)立つのは初めてでつまずいてしまいました」と赤面。司会者から新婚生活について話題を振られると「笑顔の絶えない家庭を」とテレながら語り、前田の女優活動については「続けてもらいたい」と理解を示した。そして「あいさつ回りとかあって大変みたいです」と歌舞伎界に生きる夫を支える妻の労をねぎらっていた。父で18代・中村勘三郎も第7回時に奨励賞を受賞しており(第16回には大賞受賞)、親子2代での獲得となった。

 映画『浅草の灯踊子物語』など下町を題材にした映画出演や、ボランティアによる原爆詩の朗読会など、多岐にわたる活躍が大賞受賞の決め手となった吉永は「映画では2作品ほと浅草オールロケで出演したり、花やしきに遊びに行ったりするのが楽しみでした」など、思い出話に華を咲かせた。また「言葉では言い表せないくらい光栄です。渥美清さんがおめでとう、よかったねと言ってくれているよう。大好きな町です」と映画『男はつらいよ 柴又慕情』で共演した第5回大賞受賞者の故・渥美さんを思い浮かべながら、喜びをかみ締めた。

 “浅草の星”というキャッチフレーズをはじめ、数多くのテレビ出演や寄席もこなせる実力が評価され、新人賞に輝いたナイツの土屋伸之は「身に余る想いです」と喜びをかみ締め、塙宣之は「僕らで良かったのか。マセキ芸能、内海桂子師匠、家族、みなさんのおかげです」と感謝の弁を述べた。

 大衆芸能の奨励と振興を図るため、1984年に台東区芸術文化財団が創設した同賞。東京を中心に活躍している芸能人たちの過去の実績と活動状況を勘案して贈られる。

 また、歌手の石川さゆりら5名が「スターの広場」の手形被顕彰者に選出された。石川は「10代の時から公演をやってきた思い出がいっぱいある。日本の素敵な芸道がある浅草でいろいろ勉強させていただきました」と振り返り、喜びを語った。今回の5名を含め、被顕彰者は合計で281名となる。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。