ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月20日 05時00分
トロフィーを受け取り喜びを噛みしめる2人 (C)ORICON DD inc. 
(C)ORICON DD inc. 

『S-1バトル』年間王者のNON STYLE、賞金1億円は「ファンへ還元」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 お笑いコンビのNON STYLEが19日、お笑い映像コンテスト『S-1バトル』の年間チャンピオンを決める『S-1グランドチャンピオン2010』(ソフトバンクモバイル主催)で優勝し同日、東京・汐留の日本テレビで報道陣のインタビューに応じた。結果が決まってすぐさま駆けつけた2人は息も絶え絶えで顔も真っ青。井上裕介が「どうもこうもまったく実感がないというか」と素直な心境をポツリ。石田明も「認めてくれたことは嬉しいんですけど」と、賞金のあまりの大きさにまだ驚きが先立っているようで、肝心の1億円の使い道は「お金のためにやったわけではないので、応援してくださったファンの皆さんに何か還元できることを考えます。無料ライブとか」(井上)と真面目ぶりをのぞかせた。

 『S-1バトル』は、漫才、コントなどジャンルを問わない3分以内の映像を披露し、携帯電話ユーザーの投票で勝者を毎月決定するというもの。その年間王者を決める今回の大会では、まず15組3ブロックによる予選が行われ、それぞれ勝ち上がった3組が最終決戦に臨み、NON STYLEが視聴者からの投票で27万7908票を獲得して頂点に立った。2人は予選、最終決戦ともにVTR映像で戦い、その撮影や編集を無償で手伝ってくれたという『エンタの神様』(日本テレビ系・20日放送終了)のスタッフらを「軽く打ち上げくらいはしたい。ノーギャラでやってくれたのでギャランティにしたいのと、雨の中撮影したのでピンマイクを弁償しないといけない」と労った。

 井上は2008年度の『M-1グランプリ』王者になったものの「今ひとつ売れてないと騒がれてるので、『S-1バトル』の名誉に恥じないように頑張りたい」と気合十分。また優勝から1時間後には所属事務所本社でのネットラジオの収録があるといい、「1億円からすぐに1万5000円の仕事ですよ。事務所で細々とやってきます……」と自虐的に笑いを誘った。

 交際中の一般女性と結婚秒読みかと報道されている石田は「全然進展もなく、向こうの人たちとまた一モメしているところ。(結婚の)予定はまったくございません」とし、報道陣から「現ナマを見せて口を封じては?」と茶化されると「そんな婿とりますか!?」と愕然としていた。

 インタビュー後には2010年度『S-1バトル』(4月1日より)の開催を発表。2010年度ではお笑い芸人のネタ映像作品がユーザーの審査によってランキング化され、勝ち抜きバトルでトップを連続で獲得すると殿堂入り作品として賞金1000万円と年間グランドチャンピオン大会への出場資格が与えられる新ルールに生まれ変わる。

【『S-1』月間王者 喜びの表彰式の模様をチェック】
2009年3月度 トータルテンボス4月度 浅越ゴエ5月度 トータルテンボス6月度 NON STYLE7月度 次長課長・河本準一8月度 COWCOW・よし9月度 TKO10月度 ジュニア&ケンコバ11月度 中川家12月度 陣内智則2010年1月度 タカアンドトシ2月度 なだぎ武

本戦前に行った ORICON STYLE優勝者予想

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。