ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月19日 12時00分
こんなシンデレラストーリーが実際にあるなんて・・・ 夢を叶えたケヴィン・レニック 
日本で「UP IN THE AIR」を初披露 
映画『マイレージ、マイライフ』は3月20日(土)全国公開 (C) 2009 DW STUDIOS L.L.C and COLD SPRING PICTURES. All Rights Reserved. 

リストラをきっかけに夢が結実 シンガー・ソングライター、ケヴィン・レニックが初来日

■その他の写真ニュースはこちら

 米俳優ジョージ・クルーニー主演の映画『マイレージ、マイライフ』(ジェイソン・ライトマン監督、3月20日公開)のエンド・クレジットに流れる「UP IN THE AIR」を歌うシンガー・ソングライター、ケヴィン・レニックがこのほど初来日し、ORICON STYLEの単独インタビューに応じた。

 レニックは米ミズーリ州セントルイス出身の52歳。彼の作った歌が同作のエンディングに起用された経緯が、実に興味深い。彼は2008年秋に長年勤めてきた広告代理店を突然解雇されてしまい、それをきっかけに若い頃からの夢だった音楽の道を切り開いた“リストラ・シンガー”なのだ。

 映画『マイレージ、マイライフ(原題:UP IN THE AIR)』の題材はまさに、リストラ。クルーニー演じる主人公ライアン・ビンガムは、年間322日間も出張し、マイレージを貯めることだけが生きがいの独身男性。彼は企業のリストラ対象者に解雇を通告するプロフェッショナル“リストラ宣告人”で、2度と会うことのない相手に人生のやり直しを勧めていくのが仕事だった。

 レニックがリストラを機に作った曲の中に「UP IN THE AIR」があった。「人生どうする気かたずねられても 答えは宙に浮いている」と歌う同曲は、まさにリストラされた際の心情を綴ったものだった。

 「僕が作った曲と同じタイトルの映画があると聞いて、なんて偶然なんだろうと思っていたら、僕が住んでいるセントルイスに撮影隊が来るという。しかも、その映画の監督が、僕が通っていた大学で講演会を開くと聞いて、これは何としても僕が作った曲を監督に聞いてもらいたいと思いました。その日が来て、僕は講演会に出かけ、質疑応答の時に手を挙げて、僕が作った歌を聞いてくださいと伝えました。ライトマン監督は『面白い経緯でいただいたものは、きっと面白い』と言って、僕の歌を録音したカセットテープを受け取ってくれたんです」

 そして、ライトマン監督は偶然にも同じタイトルで、映画のテーマと歌詞が見事にシンクロしていたレニックの歌を映画のエンディングに起用したのだ。

 あまりにも話が出来すぎていて、全米で初めて彼を取材したCBSのインタビュアーも「君の話を脚本にしたら、プロデューサーはこんな嘘っぽい話は映画化できないと言うだろう」と驚嘆したそうだ。

 本人の口から改めて事の経緯を聞き、驚きで言葉を失っている記者に、「もっとすごい偶然があるんだよ」とレニックは身を乗り出して話した。「僕が最も驚いたのは、同映画のオリジナル・サウンドトラックに僕が音楽を始めるきっかけを作ってくれたバンド、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの曲が入っていたことなんだ」。

 「サントラは映画の登場人物の1人」と考えるライトマン監督は自ら選曲して、映画を仕上げた。憧れのバンドの曲と、自作の曲が1つの映画、1枚のCDにパッケージされたことが、レニックにとってはもっとも「アメージング」な偶然だった。

 「高校の頃から、歌詞を書いたり、曲を作ったりしていた。でも、シンガー・ソングライターとして生活していけるのか不安があったし、失恋したり、いろいろあって音楽の道をあきらめて就職した。それが、思いがけずリストラされて…。自分の人生が音をたてて崩れ落ちていく最悪の気分を味わった。本当に僕には何も無くなってしまったと思った時、僕に残っていたのは音楽をやりたかったという想いだけだった。モヤモヤした感情を音楽に託そう、もう僕には音楽しかない、そう吹っ切ることができたんです」

 同作の主人公は、プライベートでは人生のあらゆる局面で深入りせず、人間関係の煩わしさを嫌い、家族さえも避けて生きてきた。映画は、そんな主人公が、予期せぬ出会いをきっかけに、“今までの自分”に疑問を抱き、“これからの自分”を考え始め、少しずつ変わっていく姿を描く。

 レニックはリストラを機に“今までの自分”に区切りを付け、“これからの自分”を歩み出した。そこで学んだのは「友達のありがたみと、自分が本当はどうしたいのか、心の声に耳を傾けることの大切さ」だった。

 そして今、「こんなに幸せなのは初めてというくらい、楽しんでいます」というレニックは、「売り出したいCDアルバムの構想がすでに2枚分あるんです。CDが大ヒットしてくれたらいいけど、生活費を稼ぐための仕事も必要になるかもしれない。これから先、何が起こるかわからないけれど、音楽は続けていきたいです」と笑顔で語った。

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。