ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月29日 10時00分

好きなクイズ番組、1位「ネプリーグ」〜家族みんなで楽しめると支持

■最も好きなクイズ番組TOP10

 ここ数年、テレビでは芸能人たちによる一般常識や知識・教養を問うクイズ番組が各局で放送され、多種多様な出題テーマに挑む回答者の姿が、視聴者自身の知的好奇心を刺激し話題を集めている。そこでORICON STYLEでは、現在放送中のクイズ番組のなかで『最も支持されているクイズ番組』についてリサーチしたところ、高視聴率番組がせめぎあうなか、1位に躍り出たのはお笑いトリオ・ネプチューンの冠番組【ネプリーグ】(フジテレビ系)だった。「家族みんなでわいわいと参加できる。老いも若きも参加しやすい内容のクイズだから」(愛媛県/20代/女性)という意見が示すとおり“家族で楽しめる”ことが重要視されており、テレビの前で一緒にクイズに挑戦し、楽しみながら問題に挑む家族の姿がうかがえた。

 1位となった【ネプリーグ】の放送開始は2003年、後11時スタートだった。ゲーム対決を主軸にした内容で、当時から深夜枠にして2桁の視聴率を叩きだすなど高い注目を集めており、2005年に現在の放送枠・後7時へと昇格。ゲーム要素を残しつつクイズ番組へとシフトしたことが功を奏し「遊園地のアトラクションを経験しているようなクイズ番組で面白い」(岡山県/40代/女性)と、アトラクションに挑むゲストたちの鬼気迫る表情や突発的な珍回答も見どころの1つとなっている。

 『ネプリーグ』と人気を2分する結果となったのが、羞恥心やPaboら人気アイドルグループを輩出し、一大“おバカブーム”を作り出した【クイズ!ヘキサゴンII】(フジテレビ系)。僅差で2位に登場し、「ファミリーの絆が最高!!」(千葉県/10代/女性)と、回答者たちのキャラクターが支持されている。また、クイズに正解し博学ぶりを披露す定番的なクイズ形式から一転し、回答者が“正解しないクイズ番組”というスタイルは、視聴者にとってより親近感を抱くポイントでもあるようだ。

 そして入試問題や雑学、生活ネタを扱う番組が多いなか、世界の歴史をテーマにした【世界ふしぎ発見!】(TBS系)が7位にランクイン。「旅行番組的な要素もあり楽しい」(広島県/20代/男性)と、世界各国の歴史を掘り下げた内容は、旅行ガイドブックを読み解くような楽しさもある。また「歴史好きなので昔から観ており、やはり楽しい」(福岡県/20代/女性)と“歴女”たちの心もがっちりと掴んでいる。

 また、1975年から放送を開始した長寿番組【アタック25】(テレビ朝日系)も8位に続き、こちらは今では少なくなった一般の視聴者が回答者席に座るクイズ番組の王道をいくスタイルを貫いたことが大きな要因。「児玉さんの司会が渋く、クイズ問題も勉強になる」(長崎県/20代/男性)と、番組の顔である司会者・児玉清の存在も欠かせない。

 深夜枠からゴールデン枠に進出し、見事人気を爆発させた番組から放送35周年を迎えた長寿番組まで、さまざまな形式のクイズ番組が支持された今回のランキング。4月には各局から新番組が続々とスタートし、また新たなジャンルのクイズ番組がお茶の間に送り出される。どんなタレントが回答者として意外な博学ぶりをみせるのか? またどんな名司会者が誕生するのか期待したい。



【調査概要】
調査時期:2010年1月21日(木)〜1月25日(月)
調査対象:合計1,000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代〜40代の男女、各125名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査


>>好きな○○タレント&○○番組ランキング
好きな司会者| ■博学だと思う芸能人
好きなトーク番組| ■好きな長寿番組

好きな“クイズ番組” TOP10


番組名 MC コメント
ネプリーグ
 (フジテレビ系)
ネプチューン ・遊園地のアトラクションを経験しているようで面白い。(岡山県/40代/女性)
クイズ!ヘキサゴンII
 (フジテレビ系)
島田紳助 ・勉強が出来ないことを逆手にとった斬新な内容。(静岡県/40代/男性)
Qさま!!
 (テレビ朝日系)
さまぁ〜ず
優香
・凝り過ぎず、軽薄すぎず。家族で一緒に考えて観る事ができる。(大阪府/40代/男性)
さんまの
SUPERからくりTV
 (TBS系)
明石家さんま ・ちびっこやホームビデオの企画は神だと思う!!!(千葉県/10代/女性)
秘密のケンミンSHOW
 (日本テレビ系)
みのもんた
久本雅美
・自分の住んでいる地域が出るとテンションがあがる。 (千葉県/10代/女性)
熱血!平成教育学院
 (フジテレビ系)
ユースケ・
サンタマリア

高島彩
・小・中学校の入試問題は難易度もあり、非常にためになる。(神奈川県/20代/男性)
世界ふしぎ発見!
 (TBS系)
草野仁 ・歴史が大好きで毎週見ている。最新の話題を取り上げる所もいい。(男性/40代/長野県)
アタック25
 (テレビ朝日系)
児玉清 ・児玉さんの司会が渋く、クイズ問題も勉強になる。(長野県/20代/女性)
ぴったんこカンカン
 (TBS系)
安住紳一郎
久本雅美
・ビッグなゲストに動じない安住アナのシニカルな態度は面白い。(神奈川県/10代/女性)
ためしてガッテン
 (NHK総合)
立川志の輔
小野文惠
・放送終了後もHPで内容を再確認したいほど、興味深い分野を放送。(大阪府/30代/男性)



■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



話題のニュースを一気読み『写真付き☆今日のNEWS』  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。