ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月15日 17時30分
島田紳助 (C)ORICON DD inc. 
(上段左から)南海キャンディーズの山里亮太、サバンナの高橋茂雄、八木真澄 (下段左から)にしおかすみこ、関義哉、島田紳助、ヨンア、山田親太朗 (C)ORICON DD inc. 

島田紳助「ピンチはチャンス!」と新番組に意気込み レギュラーの“宮古島1年間移住”企画も発表

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 タレントの島田紳助が15日、新冠番組『紳助社長のプロデュース大作戦!』(TBS系)の会見を東京・赤坂の同局内で行った。“赤坂プロダクション”を設立し、様々なプロデュース業を担い全うしていく“社長”島田は「TBSはピンチな局だけど、ピンチはチャンスやと思っている」と鼻息荒く意気込む。また、同番組の企画としてお笑いコンビ・レギュラーが1年間、沖縄・宮古島に移住し、地域活性化運動に取り組んでいくことも発表された。

 プロデュース業会社の“島田社長”のもと、アイドルの発掘や潰れそうな会社の立て直しなどを手がけていく同番組。社員は“時間がありそうな芸人”を起用し、「出来の悪い社員はクビ」という完全能力主義で展開していくようで、早くも数組のお笑い芸人が苦戦を強いられている。

 離島問題に着目した島田は「宮古島を盛り上げようと、仕事がなかった(お笑いコンビ・)レギュラーが船で旅立った」と仰天報告。2人はボロ廃墟を建て直し、今年8月に民宿をオープンする予定で、島田は「レギュラーは1年間帰ってこない。レギュラー・松本(康太)の奥さんは、スナックで働き出した」と過酷な労働条件を明かした。

 社員たちに容赦なく命令する島田は、「波田陽区には利尻島(北海道)でグラビアアイドルを探してもらってる。でも、若い子がいませんって嘆いていた」と無茶ぶりともいえるプランを饒舌に明かしつつ、「赤坂サカス48を作りたい」とアイドルユニットのプロデュースも虎視眈々と狙っている様子。「最初は(視聴率)5%から始まってもいい。1年かけて浸透させて2ケタを取る。オリジナリティ満載のいい番組だけど、TOKIOの『DASH村』を参考にしたい」と毒舌あり、笑いありのテイストでアピールした。

 会見には秘書役のモデル・ヨンアと、新選組リアンの関義哉、社員役のにしおかすみこ山田親太朗も同席した。新番組『紳助社長のプロデュース大作戦!』は4月13日(火)より後7時より放送開始。初回のみ2時間スペシャル。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。