ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月04日 12時20分
“OL芸人”としての活動を宣言したマリセンボン の(左から)近藤春菜、マリエ、箕輪はるか (C)ORICON DD inc. 
マリエ (C)ORICON DD inc. 
はるな愛 (C)ORICON DD inc. 

マリセンボン、“OL芸人”活動宣言! 地方営業 「本当に行きます」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 お笑いコンビのハリセンボンとタレントのマリエのユニット・マリセンボンが4日、都内で行われた栄養調整食品『クリーム玄米ブラン』(アサヒフードアンドヘルスケア)の新CM発表会に出席した。3人は「私たちマリセンボンは、OL芸人として活動します!」と力強く宣言し、発表会後の報道陣のインタビューで近藤春菜は「この世の中に元気と笑いを届けようってことで、地方営業に本当に行かせてもらうし、バラエティ番組にも出させてもらう」と意欲。マリエも「新しいギャグも考えたんですよ。『草刈正雄じゃねぇよ!』」と春菜のギャグをもじり、さっそく笑いを誘った。

 不足しがちな栄養素を手軽に補給できる同商品に春夏シーズンにふさわしい新ラインナップとして新たに『バランスアップ クリーム玄米ブラン レモン』が加わる。また新CMには、前作に引き続きハリセンボンとマリエがOLに扮するマリセンボンが出演するほか、仕事をバリバリこなす先輩OLとしてはるな愛も登場する。はるなは3人のトーク中に突然ステージに乱入し、「私がいちばんOLっぽくない?」と同商品の食べ方を指南。発表会後には「夢がOLで、今でもサイフを持って信号待ちしているOLさんを見て憧れるし嬉しい。夢が叶った!」とはしゃいだ。

 CM同様のOLファッションで右手薬指と小指に指輪を光らせて登場したマリエは報道陣から指摘されると、「小倉優子りんがデザインしたやつで、とくに意味はないです。ゆうこりん、買ったよ〜」とカメラに向かって笑顔をのぞかせた。また春菜は結成2年目のマリセンボンとしての『M-1グランプリ』への出場にも意欲的で「あと8年くらい出られる。歌も食いついてくれるレコード会社の人がいれば、歌って踊ります」とアピール。箕輪はるかは「マリエさんにひな壇に座ってほしい。“大きな声”でお願いします」と期待を寄せるも、すかさず春菜から「お前に言われたくねぇよ!」と突っ込まれていた。

 『クリーム玄米ブラン』の新CM「仕事っぷり」篇、「フレーバー」篇は6日より全国で放送開始。

◆関連ニュース一覧 CMよしもと芸人モデル

マリエがランウェイに登場!『神戸コレクション2010 SPRING/SUMMER』フォトギャラリー


 はるな愛

 

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。