ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月23日 22時45分
トロフィーを手にガッツポーズをキメるあべこうじ (C)ORICON DD inc. 
(C)ORICON DD inc. 
(左から)優香、あべこうじ、雨上がり決死隊の宮迫博之と螢原徹 (C)ORICON DD inc. 

6度目の出場でV奪取! 王者あべこうじ 「もう出たくない」とR-1卒業示唆

■その他の写真ニュースはこちら

 “一人話芸”の日本一決定戦『R-1ぐらんぷり2010』で悲願の初優勝を遂げたピン芸人・あべこうじが23日、東京・台場のフジテレビで決勝戦終了後に会見を開いた。“R-1の常連組”で知られ、ようやく栄冠を奪取したあべは「漫談で優勝するのは無理、難しいって言われていたがこのスタイルにこだわりたかった」と自信に満ちた表情。その一方で「気持ち的にはもう出たくない。(優勝後)『やっと卒業できる!』と言いましたし、もう戦いたくない。こんなに白髪が増える大会はない。(毎回)染めてるんですよ…」という本音を明かした。

 6度目の決勝進出で悲願の優勝を果たしたあべは、1度目のネタ披露では審査員7名のうち、板尾創路が唯一83点をつけた以外は、全て90点台をマーク。大会V3を狙うなだぎ武に続き、2位で通過した。あべはこれまでの経験から「同じ内容が被ったらダメ」と考え、1本目はお芝居と漫談を合体させたもの、2度目のネタには審査員の桂三枝が「皆が笑えるという“目のつけどころ”が良かった! 達者ですね」と褒めたように「ドレミの歌」を替え歌にした漫談で勝負。最終ジャッジでも、エハラマサヒロに入れた板尾以外の6名全員があべを選出した。

 過去最多エントリー3539人の頂点に立ち、番組終了間際に男泣きしたあべは「2007年に一度(キャラやスタンスの)変更を考え、コントを試したりもしていました」と試行錯誤を繰り返してここまでたどり着いたと強調。今回は、3回戦で2本目のネタを試し、準決勝で1本目のネタを披露して自信を掴んでいたといい「(決勝も)自分がやりたいことはできたと思う。勝因? わかりません!」と振り返った。

 優勝賞金500万円の使い道には、冷静な表情で「応援してくれた、そしてピン芸人で一緒にライブをやってきた後輩にハワイ旅行をおごり、PSPをプレゼントしたい。残りは、家のくぼんだところにはわせて消します」と語り、今後については「マルチに活躍したい。まずは昼ドラに出たいし、あと占い師からミュージシャンがいいと言われているので目指したい」と冗談とも本心ともつかめぬコメント。

 これまで「意外と感動屋で意外とウザいキャラ。何年か前にも(決勝後)舞台裏で悔しくて泣いてしまった…」と感情を露にしてきたあべ。関係者によると、この日はあべの苦労を知る司会者の1人・宮迫博之雨上がり決死隊)が「もらい泣きしそうでした」と語ったのをはじめ、プロデューサーやスタッフが一様に嬉し泣きしていたという。周囲のスタッフに支えられ、優勝会見の第一声も「すみません〜マジでうれしいっす」と謙虚に語ったあべの“信念”が実を結んだ形となった。

◆過去の「R-1」王者をチェック!
 2009年2008年2007年

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。