ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月18日 05時00分
小栗旬(右)と主演の織田裕二が夢の共演 
小栗旬の出演シーンより(C)2010 フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー 

『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』で小栗旬が本庁エリート官僚役! 織田との共演に「ありえないくらい緊張」

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優・織田裕二主演の人気シリーズの最新作『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』(7月3日公開・本広克行監督)に、本庁のエリート官僚役で小栗旬が出演することが明らかになった。織田が扮する青島刑事と事件解決のため、たびたび行動を共にする。「子供のころから観ていて長く続いている作品なので、とにかく世界観を壊さないようにしようと思った」という小栗は、撮影初日が織田と車の中で2人のシーンで「ありえないくらい緊張した」と話す。

 劇場版としては7年ぶり3作目となる同作では、刑事課強行犯係係長に昇格した青島が、新湾岸署への引越しを一任されたところから物語が始まり、開署式までの3日間にお台場を襲う8つの事件を描く。

 小栗が扮するのは、警視庁刑事部捜査一課管理補佐官・鳥飼誠一。本庁と所轄の調整役「サーバントリーダー」としての役割を担う若手エリート官僚だ。事件が発生し、例のごとく設けられた捜査会議で本庁の刑事は所轄捜査員を邪険に扱い、怒った所轄捜査員から不満の声が噴出する。そんなお決まりの雰囲気のなか、穏やかな顔つき、ソフトな物言いで間をとりもつ男が現れる、それが鳥飼だ。

 これまでの劇場版2作品で、筧利夫、真矢みきが演じてきた本庁のエリート官僚。今回、小栗が演じる鳥飼は「今までの強気な本庁の人たちとは違ったキャラクターで、年齢的にも若いです。いままでの本庁の人たちとは違ったアプローチでみせる鳥飼を楽しんでもらえればと思います」と自らの役どころを説明する。

 小栗の起用について亀山千広プロデューサーは、「(連続ドラマの放送開始から)12年経って、初めて青島より年下の官僚を登場させたい思いから始まった、今までの出世やステータス、組織論とは違った意味合いの思惑を抱いた人間を描きたかった」と語り、おなじみのメンバーから生まれる安心感に、「“今”を持ちこめる、まさに“旬”な役者」による刺激を加えるため、小栗に「全く新しい、“ニュータイプ”のキャラクター」を託した。

 新顔の小栗も「すんなり入って行けました」という撮影現場は、「織田さんが僕らにすごく気を遣ってくれているので、助かっています。みなさんいい人達なので、楽しんでできています」と、1月に極秘クランクインした撮影は順調に進んでいる模様。公開は7月3日より全国東宝系ほかにて。

◆関連ニュース 映画フジテレビ


 織田裕二UZユウジ・オダ・ウィズ・ブッチ・ウォーカー

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。