ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月11日 06時00分
オリコンDDに来社PRに訪れた品川女子学院の生徒さんとテレビ東京・水原恵理アナウンサー(C)ORICON DD inc. 
 

現役女子高生が企画・制作・宣伝・営業を務めた地上波番組が放送決定

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 番組の企画・制作、宣伝、営業を全て現役女子高生が手掛けた特別番組『女子高生コラボTV』(テレビ東京系)が、今月20日に放送される。ここまで大幅に女子高生に委ねた番組は同局初の試みで、その業務を託されたのが東京・品川女子学院の女子生徒だ。このほど東京・六本木のオリコンを訪れた彼女らは「本物の女子高生を伝えたい。不景気とも戦える女子高生を見せますよ!」と意気込み十分。ゲストにタレントの辻希美や中川翔子らを迎え、リアルな女子高生像に迫る。

 不況の影響もあってか、経費削減などしのぎを削るテレビ業界に、次世代の社会を担う女子高生が立ち上がった。同番組では、女子高生の憧れの職業というパティシエの実体験レポートをはじめ、今どきの女子高生の流行などがわかるクイズや、彼女たちが案を持ち寄った企画などを展開。自分たちが身近に感じる女子高生像と、世間が抱くイメージにギャップが生じているのではないかと打ち出し「これを機に、本物の女子高生を見せたいです!」と素を前面に押し出ていく。

 約20人のメンバーで各業務の作業を分担し、持ち前のフレッシュさとチームワーク、スマイル営業などを武器に果敢に挑む。「なんだかんだいって(テレビ局に)支援してもらえるかって思ったけど、ここまで本格的にやるとは思ってなかった」と初めてだらけの体験に苦労話は尽きないようだが、放課後には広告取得への営業回りや宣伝活動のために都内を駆け巡っている。

 宣伝活動にやってきた女子高生たちの素の表情を探ってみると「恋愛話、むっちゃしますね」「芸能界とか女優さんに憧れます」「どんな話題でも盛り上がれるのが女子高生です!」とガールズトークに華を咲かせつつ、「不景気とも戦える女子高生を見せます!」との発言も忘れない。

 品川女子学院といえば、女優の広末涼子、大石恵、元フィギュアスケート選手の八木沼純子らが卒業生として名を連ねる。学校側は今回のメディアとの繋がりに「今後も、彼女たちの活動次第では大いにあるかも」と含みを持たせると、生徒たちは宣伝マンの立場を忘れ、大はしゃぎだった。

 テレビ東京と品川女子学院のコラボ特別番組『女子高生コラボTV』(テレビ東京系)は、3月20日(土)午後4時より放送。3月13日(土)には生徒たち仕切りによる記者会見も行われる。

◆関連ニュース一覧 アナウンサーテレビ東京

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。