ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月17日 06時00分
声優に初挑戦するIMALU (C)ORICON DD inc. 
神木隆之介 (C)ORICON DD inc. 
公開アフレコの模様 (C)ORICON DD inc. 

IMALU、声優初挑戦に「まさか私が」と驚き隠せず

■その他の写真はこちら

 タレントのIMALUが15日、都内で映画『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』吹き替え版のアフレコ収録を行った。声優初挑戦となるIMALUは、収録後に報道陣のインタビューに応じ「まさか私が声優をやらせていただけるとは思ってもいなかった」と率直な驚きを語りつつ、「緊張しました。ヘッドホンから声が聞こえてきて画面からも聞こえてきて・・・それに口の動きを合わせないといけないし。演技の経験も全然なくてしかも声だけだからすごく大変でしたけど、いい経験になった」と、初めてのアフレコを振り返った。

 『アーサー』シリーズ3部作の第2章となる同作は、SOSの便りを受けた少年・アーサーが身長2mmのミニモイ族が暮らす王国へ行き、自身もミクロになって王女・セレニアを救うため宿敵・マルタザールとの最後の戦いを繰り広げる。前作に引き続き主人公・アーサーの声を務める神木隆之介は「(出演する)フレディ・ハイモアくんが成長していて、僕も2年前の1作目から成長していたので、声の低さとか雰囲気といったバランスを取るのが難しいと思いながら演じていました」と語った。

 芸歴では“後輩”ながら神木より年上のIMALUは、初対面の神木の印象について「さっき会ったばかりだけど大人っぽいイメージ」とコメント。会話ではIMALUがリードしており「一応年上なんで。声優は初めてなので頼ろうと思ったんですけど、すごく緊張されていて」と余裕の表情をのぞかせた。これを受けて神木が「頼りますよ! 穏やかですごく優しそうな姉さんだなって思いました」と微笑みかけると、IMALUもこれに応じ、現場は和やかな雰囲気に包まれた。

 オリジナル版ではブラック・アイド・ピーズのファーギーが演じたリプレイ役の吹き替えを担当するIMALUは、「最初はビックリしました。でもファーギーがやっていたのですごく嬉しかった。ちょっとファンキーな役なので」と満足げ。また両親の明石家さんまと大竹しのぶには自身からは特に報告をせず、アドバイスももらっていないといい、褒められる出来栄えになったかと問われると「褒められるのは絶対(この先)あと10年くらいないと思う。仕事に関しては厳しいので」とキッパリ語った。

 また、自身の声について話題を振られた神木は「できればこれ以上低くなってほしくない。くだらない理由なんですけど、カラオケで歌える曲が少なくなってきたから」と成長期ならではの悩みを告白。IMALUは「喋っていても友達とかからテンションが低い、絶対気持ちがこもってないって言われるので、そこがコンプレックスですね。(声優の仕事でも)自分の中では元気にやってるつもりでも声がけっこう低いので、もっと元気にやって! って言われちゃう」と新たな課題に頭を悩ませていた。

 映画『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』は4月29日(木)より全国で公開。

◆関連ニュース一覧
 ○○デビュー&初挑戦2世タレント



 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。