ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月11日 13時00分
7年ぶりの日本復帰会見に登場したビビアン・ス− (C)ORICON DD inc. 
豪華なドレスで登場したビビアン(C)ORICON DD inc. 

ビビアン・スー、7年ぶり日本“復帰”会見も「デートの時間が無い…」と嘆く

■その他の写真ニュースはこちら

 台湾出身の歌手で女優のビビアン・スーが11日、都内のホテルで日本で7年ぶりとなる活動再開の会見を行なった。芸能生活20周年という節目にシャネルのドレス姿で登場したビビアンは「ただいま〜!! 嬉しくて泣きそうでした。感謝しています」と挨拶。中国、台湾、香港など海外メディアを含め約100名報道陣が駆けつけるなか「(ファンは)自分のことを忘れられてなかった」とホッとした様子。その一方、間もなく35歳になるが「まだ彼氏はいない。好きな人がいるが多忙でデートできない。これ以上(多忙が続く)だと、結婚できないかも〜」と、アジアをまたにかけて活躍する女優ならではの悩みを明かした。

 1995年に来日後、日本で8年間バラエティ番組を中心に活動。「ここ(日本)は芸能生活で大切な場所。(当時ユニットを組んだ)ブラックビスケッツや(同僚の)ポケットビスケッツともライブをやって歌いたい!でも、未だに信じていないのは(当時共演した)千秋がお母さんになったこと。彼女に『何故、また独身?』と聞きたい! (キャイ〜ンの)天野くんの家にも行きたいし、皆に会いたい!」と語り、途中では誰に振られるでもなく「生麦生米生卵〜」と早口言葉を披露。鏡割りでは「コレ、お酒???」と匂いをかぐなど、見慣れた“天然っぷり”は変わっていなかった。

 関係者によると、現在は台湾を拠点にしているが中国、香港などアジア全体で女優業が多忙なため、今回の来日も香港からの最終便の飛行機だったといい、明日には離日する。次回は、音楽プロデューサー・亀田誠治プロデュースによるシングル「Beautiful Day」をリリース来月3日前後に来日予定。また、本人曰く「1番プレッシャーが無くて楽しいお仕事」とするバラエティ番組からのオファーも、10件ほど寄せられているという。

 今後についてビビアンは「映画出演をはじめ、時間があれば歌も歌いたい。(日本は)義母のような存在。19歳に来日してから8年間、ファンやマスコミなどが面倒をみてくれて、優しくしてくれたことは心の中で忘れていません」。途中では、親交の深いジャッキー・チェンからのビデオメッセージにウルッと来た場面もあったが、やはりお笑いの話題を報道陣から振られると、笑顔で「やっぱりバラエティに出演しないと、お笑いの方の名前も判らない。今はトークが多くて日本語の下手になった私には理解できない部分もあるけどね」と話すなど、再び愛くるしいキャラクターであるビビアンがテレビで活躍する日が近いことを示唆した。

 なお、活動再開に併せて『スリムビューティハウス』の新CM(今月20日よりオンエア)に出演することも発表された。

◆関連ニュース アジアンエンタメ芸能活動引退・復帰

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。