ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月11日 11時00分
『R-1ぐらんぷり2010』 決勝戦にコマを進めた芸人たち(左からバカリズム、いとうあさこ、Gたかし、川島明(麒麟)、我人祥太、エハラマサヒロ、あべこうじ)(C)ORICON DD inc. 
川島明(麒麟) )(C)ORICON DD inc. 
エハラマサヒロ (C)ORICON DD inc. 

『R-1ぐらんぷり2010』決勝進出者が決定! 2年ぶり“参戦”なだぎ武も決勝進出しV3狙う

■その他の写真ニュースはこちら

 一人話芸日本一を決める『R-1ぐらんぷり2010』(フジテレビ系)の決勝進出者と敗者復活戦(サバイバルステージ)進出者の発表会見が11日都内で行われ、2年ぶりにR-1参戦となった同大会2連覇を成し遂げたザ・プラン9のなだぎ武をはじめ、初の決勝進出となった麒麟・川島明やバカリズム、あべこうじら実力者8人が決勝戦に駒を進めた。また、サバイバルステージ(敗者復活戦=21日開催)には、中山をはじめ友近、もう中学生、山田與志(COWCOW)、ゆってぃら、ベテランから若手まで多彩な顔ぶれが揃った。司会は3年連続で雨上がり決死隊優香が務める。

 8回目の開催となる今回は、過去最多の3539人がエントリー。会見はドラマ収録で欠席したなだぎを除き、決勝進出者7名が多忙ななか駆けつけた。初参戦でいきなり大舞台にたどり着いた川島は「やっぱり1人なんでやりにくいし緊張もするが、よく考えたら(相方の)田村(の存在)って何ですかね?」といきなりのボヤキ節。もっとも、原因には田村のベストセラー著書『ホームレス中学生』の印税による恩恵をほぼ受けなかったことを挙げ「優勝しても田村には一銭もあげません」とキッパリ。ただ、賞金の具体的な使い道を聞かれると「ユニセフとかにマジで寄付したい。僕が優勝したら救える命があるんですよ!」と下心丸出しに語り、他の参加者からブーイングを浴びた。

 一方、昨年の同大会では自己紹介だけでネタが飛んでしまったという大失態を告白したいとうあさこは「今年は飛ばないようにしたい。賞金?最近、家電が次々と壊れだしているのでそれらを買いたい」と話すと、早朝から仕事に引っ張り出され「本気で眠くて仕方ない…」と嘆くと、司会の宮迫から「(発言が)主婦じゃないですか!」と突っ込まれる一幕も。また、出席した芸人で唯一“根暗キャラ”を貫き通していた我人祥太は、ライバルに「ネアカだから…」という理由でエハラマサヒロとあべこうじを指名。優勝時には「過去の自分と決別するために(賞金を)使う」と静かに語り、司会陣から「キャラを仕上げてきていますね〜」と褒められていた。



◆過去の「R-1」王者をチェック!
 2009年2008年2007年

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。