ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月11日 06時00分
写真はコミック版『怪物くん』(小学館)1巻 

嵐・大野智主演で藤子不二雄(A)の人気漫画『怪物くん』が初の実写ドラマ化

■その他の写真ニュースはこちら

 人気グループ・大野智主演で藤子不二雄(A)氏原作の大人気漫画『怪物くん』が日本テレビ系土曜9時枠で初の連続ドラマ化されることがわかった。大野は、怪物ランドのプリンスである主人公・怪物くんを演じ、お供のドラキュラ、オオカミ男、フランケンらと繰り広げる珍騒動を描いていく。同作史上初となる実写化で、親世代には懐かしく、子供世代には新しい、という家族で幅広く楽しめるエンターテインメントドラマとなりそうだ。

結成10周年を迎え、さらに活動の場を広げる嵐のリーダーである大野が、30代以上なら知らない者はいない人気キャラクター・怪物くんを熱演。連続ドラマ初レギュラー出演にして、主演を務めたドラマ『魔王』(TBS系)では、陰のある弁護士・成瀬領を怪演し、単独初主演となったドラマ『歌のおにいさん』(テレビ朝日系)では、戸惑いながらも子供番組の“歌のおにいさん”となった矢野健太を熱演した大野。ジャンルにとらわれないボーダレスな魅力を発揮している彼が、どんな怪物くんを演じてくれるのか、今から注目だ。

『怪物くん』は、『忍者ハットリくん』『プロゴルファー猿』『笑ゥせぇるすまん』で知られる藤子不二雄(A)氏の代表作。1968〜1969年にはモノクロで、1980〜1982年にはカラーでアニメ化もされている。カラー版で怪物くんの声を演じた声優・野沢雅子らが歌ったテーマ曲「ユカイツーカイ怪物くん」「おれたちゃ怪物三人組よ」もヒットした。1982年以降も再放送が繰り返され、幅広い世代に浸透。「さぁ始まるザマスよ、行くでガンス、フンガー」というアニメ冒頭の台詞が、2007年放送の人気アニメ『らき☆すた』(チバテレビほか)でパロディとして使われるなど、時代や世代を超越して愛されている。

 物語は、怪物ランドのプリンスである怪物くんが、怪物ランドから 修行のためにお供のドラキュラ、オオカミ男、フランケンと人間界へやってくるところから始まる。人間界唯一の友達となるヒロシと、その姉の歌子と親交を深めながら、怪物くんは、人間界に忍び寄る悪魔族の魔の手から人間たちを救う。手足を自在に伸ばし、一瞬で顔を変え、別人に変身するなど、多くの超能力を持つ怪物くんがどのように表現されるのか注目したい。



◆関連ニュース ジャニーズドラマ漫画・アニメ日本テレビ

なかなか捨てられない!!たまってしまったアニメコミックやゲームはこれで解決!
顧客満足度の高いトランクルームランキング

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。