ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月10日 05時00分
48人が並んだ圧巻の1カット 
スーツ2着を手に悩む小嶋陽菜(左) 
最後は花道をつくって新入生・新入社員にエール 

AKB48史上初!“メンバー48人”でCM出演 ズラリ並んだ合唱シーンは圧巻

■その他の写真ニュースはこちら

 人気アイドルグループ・AKB48 が、グループ史上初となる“48人”でCM出演することが9日までにわかった。衣料専門店「AOKI」のCMで、それぞれが新入生・新社会人に向けておすすめのスーツのコーディネートを作り上げる様子が描かれており、研究生を含むメンバーたちが画面いっぱいにズラリと並び合唱するシーンは圧巻の一言。主力メンバーの1人で、チームAのキャプテンを務める高橋みなみも「48人での迫力と楽しげな雰囲気が見どころ」と、その出来栄えに自信をのぞかせている。

 CMは、桜の花びらがヒラヒラと舞い落ちるなか、壇上に4列に並んだセーラー服姿のAKB48が、新曲「桜の栞」(2月17日発売)を合唱しているシーンから始まる。場面が切り替わると、両手にスーツを提げ「どっちがいい?」と悩む高橋をはじめ、両腕にネクタイを何本もぶら下げ「ジャーン」と嬉しそうにメンバーに見せる小嶋陽菜などの姿が。

 お互いに相談しながらコーディネートを楽しむ様子は、さながらデート前に自分の洋服を選ぶ女の子といったところ。再び全員で並ぶシーンになった次の瞬間、それぞれの選んだスーツを身につけたマネキン人形48体に入れ替わり、48パターンのコーディネートが完成する。

 撮影は1月下旬に行われた。「おはようございます!」「よろしくお願いしま〜す」と元気良くあいさつしながら続々スタジオ入りしたAKB48のメンバーたちだったが、48人が行列をなしての登場にはスタッフも圧倒されていたという。そんな賑やかな雰囲気のなか、撮影が始まり、桜の花びらが舞い落ちるシーンでは、カットの声がかかった瞬間にメンバー全員が一斉に花びらを掴もうとする一幕もあった。

 この光景は、メンバーたちが「人差し指と親指で花びらを掴むと恋愛運がアップする」という“おまじない”を実践したもので、前田敦子は「(おまじないの話が)誰かからみんなに伝染しちゃったみたいですね。でも、中にはよくわかっていない子もいて『取れちゃったんですけど、これって何ですか?』って」。“会いにいけるアイドル”がコンセプトで人気となったAKB48らしい、“普通の女の子”の一面をのぞかせていた。

 撮影後のインタビューで、48人でのCM出演の感想を聞かれた前田は「すごく楽しかったです」と満足げ。また、CMにちなみ「スーツを着ている男性」について話題が及ぶと、口々に「普段私服の人が急にスーツを着ると、そのギャップにドキッとしますね」(小嶋)、「素敵ですよね、やっぱり。本当に女子の憧れですね。普段は着ていない人がスーツを着てたりするとかっこいい」(高橋)と、男性のスーツ姿に対する思いを打ち明けていた。

 AKB48が出演するAOKIのCM『フレッシャーズ48コーデ 「新生活」篇/「初めてのスーツ」篇』は、2月11日(木)より全国で放送開始。

■【動画】AKB48の魅力いっぱい! 新CMとメイキング映像を一挙公開


 AKB48

◆旬な情報が満載! CM情報記事一覧

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。