ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月08日 16時30分
公開オーディション番組『アメリカン・アイドル シーズン9』のナビゲーターを務めるAI (C)ORICON DD inc. 
(C)ORICON DD inc. 
インタビューの模様 (C)ORICON DD inc. 

アメアイ9のナビゲーターAI、日米の“レベル差”に「ヤバイ」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 R&B歌手のAIがアメリカの視聴者参加型の公開オーディション番組『アメリカン・アイドル シーズン9』のナビゲーターを務めることになり5日、都内で報道陣のインタビューに応じた。米LA生まれで鹿児島育ち、高校時代にも留学するなど海外経験豊富なAIは、日米のアーティストを比べ「いろいろなチャレンジして自信がつき、ジェラシーもあって、失礼だけど」と前置きしたうえで「L.A.に戻って車で爆音で聴くには(邦楽は)恥ずかしいなって思ってた」と当時の本音を告白。今では「いろんなアーティストがいて、周りを見わたしても“ヤバイ”人がいる」と邦楽にも自信を持つようになったという。

 ナビゲーターの仕事をスタッフから打診された際は「もう大好き! ぜひぜひやりたい! ぜったいアピールしておもしろくするって言った」と大喜びだ。トークの仕事はご無沙汰だったこともあり興奮冷めやらず、今回のインタビューでも「楽しいし、発散になる。テンションが上がりすぎて喋ると止まらない」と歌えることと同様に話せる喜びに浸った。

 米在住の妹に録画を頼むほど同番組の大ファンを自認するAIは「希望ある番組。優勝しなくても、出るだけでいろんな人が観ているから、夢に近づける第一歩で、すごくいい番組」と紹介。もし今の自分が参加者と同じ立場なら「出てるかもなー。今アメリカに住んでるとしたら出てると思う。昔のソウルの曲とか、好きなマイケル・ジャクソンの曲とか、踊りながら歌ったり、ギャップのあるものとか歌おうかな。いろいろ迷っちゃうかも」。

 そんなAIも今回はあくまでもナビゲートする立場。オーディション映像の「合間にどれだけ私が興奮してるか、面白いのを伝えられるか、皆さんの目を止まらせないように気合い入れてしゃべりたい」と意気込む。見どころは、審査員のヴィクトリア・ベッカムを挙げ「普段しゃべっているところはあんまり観ないから、何をしゃべるんだろうとか。意外と見た目どおりの発言とか喋り方」が注目だという。

 地区別オーディションを経て、ハリウッドで開催されるオーディションでベスト24が決定。その後、視聴者票を多く獲得した参加者が勝ち残っていくバトル形式で最後の1人を決定する『アメリカン・アイドル シーズン9』はCS番組FOXで、日本では6日(土)午後9時より毎週土、日曜日に放送。

◆スターはここから? 街中のおしゃれさんを日替わりで紹介
 街のオシャレ男子注目のオシャレGIRL  ミスキャンパス憧れ“読モ”の最新コーデ



 AI

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。