ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月03日 08時05分
EXILEのATSUSHI (C)ORICON DD inc. 
ナレーション収録の模様 (C)ORICON DD inc. 

EXILEの事務所LDHが社会貢献部を新設 ATSUSHIもオルゴールで貢献に意欲

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 人気グループ・EXILEのATSUSHIが3日、都内でドキュメンタリー番組『LIFE IS BEAUTIFUL 3 〜小さないのちの詩〜』(東海テレビ制作フジテレビ系)のナレーション収録を3年連続で行った。3度目で初めてオリジナル主題歌「道しるべ」を作詞・作曲したATSUSHIは、今年1月に所属事務所LDHに新設された社会貢献部での活動として、同主題歌らをオルゴールにして全国の小学校や番組で追いかけた人々などに配布する。「今、詳細を模索中で、試作品ができたところ。時間がかかって、もどかしい部分もあるけど着実に進んでいます」と説明した。

 同番組は2008年、2009年と放送された番組の続編で、ナミビアの奥地に住むヒンバ族やカンボジア、日本で問題を抱える3人の女性の出産を通して、命の尊さを伝えていく。ATSUSHIは「ナレーションは普段やらないことなので(録り始めた)最初と最後でも成長できたり、下手くそながらナレーションを理解して楽しくなってきた」と手応えを実感。番組プロデューサーも「うまくなってる。感情の入れ方、間の取り方がプロだなと思うくらい。こういうことは1年に1回しかやっていないはずなのに進化がすごい」と太鼓判を押した。

 オルゴール企画は「思いついたのが昨年の4月か5月で、いろんな場所で電気を使わずにずっと残せるもの。自分が音楽家ということでできることは、音楽で思い出や癒しを作っていけたらという思いで考えた」と説明。「オルゴールが生演奏してくれるから、僕の代わりに演奏してくれるってすごくいいものなんじゃないかなって思いました」と“地道なことをコツコツと”活動していくという社会貢献部の一員として瞳を輝かせた。

 番組に携わるのは3年目となり「素晴らしい企画に参加させていただいて感謝の気持ちと、出産ということで命を扱う責任で身の締まる思いでやらせてもらっています」と責任感をひしひし。「道しるべ」についても「“小さないのちの詩”をイメージした楽曲を入れて、過去2年より一緒に参加させてもらった実感がわいて充実感を感じています」。個人としては「今年30歳になるので、かっこいい男を目指して頑張ります」と笑いを誘っていた。

 長尺ドキュメンタリー番組『LIFE IS BEAUTIFUL 3 〜小さないのちの詩〜』はフジテレビ系にて14日(日)午後4時5分より放送。


 EXILE

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。