ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月03日 11時10分
キャスターを務める高橋尚子 (C)ORICON DD inc. 
解説を務める村主章枝 (C)ORICON DD inc. 
中居正広が日本勢のメダルを予想 (C)ORICON DD inc. 

TBS系バンクーバー五輪放送メインキャスターに中居正広 4大会連続で大役担う

■その他の写真ニュースはこちら

 人気グループ・SMAP中居正広がTBS系のバンクーバー五輪(12日開幕)放送のメインキャスターを務めることが3日、東京・赤坂の同局で行われた記者会見で発表された。04年アテネ大会、06年トリノ大会、08年北京大会に続き、4大会連続の同局五輪放送メインキャスター登板となる中居は、「視聴者の皆さんが熱くなって興奮できるように頑張りたい」と意気込みを語った。また00年シドニー大会・女子マラソン金メダリストの高橋尚子もキャスターを務め、冬のスポーツの祭典を盛り上げる。

 会見冒頭、さっそくメダル予想を求められた中居は「わかるわけないじゃん!」とあわてるも、上村愛子選手、浅田真央選手らの金メダル5個に加え「(北京大会での)フェンシングの太田選手のように圏外からの選手も出てくる」と、金銀銅メダル計15個を大胆に予想。また、混戦模様の女子フィギュアの話題では、韓国のキム・ヨナ選手を「ユンソナちゃんでしたっけ?」とボケてみせ、笑いを誘った。その一方、プレイヤーズゲストとして解説を務める大菅小百合選手(スピードスケート)、村主章枝選手(フィギュアスケート)に、15歳の高木美帆選手や安藤美姫選手の凄さを興味深そうに問うなど、よりわかりやすく選手の凄さを伝えようとする姿勢をのぞかせていた。

 また会見ではプロデューサーから、トリノ大会の際に直接取材したことのある安藤選手への“再取材”を急遽命じられる場面も。5日から8日にかけて2泊4日の“弾丸取材”を敢行する中居は「俺、意外と忙しいタレントなんで…」と苦笑いしつつも、村主選手から「(安藤選手は)ネイルが好き」という情報を得た上で「(土産に)化粧品とか、爪切りを持っていこうかな? 取材時には彼女の気持ちの起伏の状態などをチェックして伝えたい」と意欲的に語っていた。

【TBS系バンクーバー五輪放送出演者】
五輪メインキャスター・中居正広、五輪キャスター・高橋尚子


プレイヤーズゲスト
大菅小百合選手、村主章枝選手


アナウンサー
藤本祥平(現地リポート)、高畑百合子(現地リポート)、枡田絵理奈(MCアシスタント)

◆関連ニュース ジャニーズTBSスポーツ

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。