ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月02日 17時00分
有働由美子アナウンサー (C)ORICON DD inc. 
発表会見の模様 (C)ORICON DD inc. 

NHKが2010年新キャスター21名を発表 NY帰りの有働アナが朝の新情報番組に

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 NHKは2日、東京・渋谷の同局内で会見を開き2010年の新キャスター21名を発表した。2007年以来、久々に米・ニューヨーク勤務から帰国した有働由美子アナウンサーが朝の新情報番組『あさイチ』(月〜金 前8:15)のメイン司会を担当。有働アナは「華やかな会見は久々で気後れしてる。40歳になり、自己主張の強いニューヨーカーに揉まれ(自己主張が)できるようになりました」とあいさつ。今後は「自分の言いたいことを話して怒られたり謝ることもあると思うが、本音でぶつかれる進行をやりたい」と宣言し、後任の島津有理子アナには、既婚であることを忘れて「(NYは)私が会う限りはハンサムは皆、ゲイの方でした…あっ、婚活しなくていいんですよね」とハキハキとした“有働節”を炸裂させた。

 会見で他の後輩アナウンサーに常に突っ込みを入れるなど、場を盛り上げていた有働アナは「(赴任前は)スタジオでのアナウンスが多く、優秀なスタッフと共にやっていたが、あちらではネタ探しから交渉、中継車の置く場所など最後まで自分で交渉した。有働やNHKというのは通用しませんし、自分という人間を信じてやりましたが、辛い思いをしたこともあった。しかし、これらの経験は大きかったと思います」と自信に満ちた表情。有働アナに変わり、今後NY勤務となる島津アナは「(NYは)夫と出会った場所。ジャパニーズイングリッシュでどこまで通用するか試したい」と意気込んだ。

 また、同局の長寿番組『NHKのど自慢』の新司会者には松本和也アナウンサーが抜擢。現在、『難問解決!ご近所の底力』で共演する歌手・和田アキ子からは、『のど自慢』がTBS系『アッコにおまかせ!』の裏番組にあたることから「あんまり頑張らんといてや〜』と言われています」と“けん制”されていることを告白。その後は冷静に「のど自慢の場合、年代の上の層は観てくれているが、若い世代にどう観てもらえるか。これまで(のど自慢の)司会はベテランの方が多かったが、NHKらしさと、私の軽いキャラクターなど“らしくない”部分をブレンドできればと思います」と自身を活かした戦略を披露。元東大野球部の経歴を持つ大越健介記者と共に『ニュースウォッチ9』を担当する青山祐子アナは「元エース投手と、いいキャッチボールが出来るよう頑張りたい!」と色気をかもし出しながら語っていた。

新キャスター21名の概要は以下のとおり。

◇阿部渉・鈴木奈穂子・島津有理子『おはよう日本』(総合/月〜金・前4:30)
◇有働由美子・柳沢秀夫解説委員・西堀裕美『あさイチ』(総合/月〜金・前8:15)
◇堀潤・飯田香織記者・與芝由三栄『Bizスポ』(総合/月〜木・後11:25)『Bizスポ・ワイド』(総合/金・後10:55)
◇大越健介記者・青山祐子『ニュースウォッチ9』(総合/月〜金・後9:00)
◇橋本奈穂子『新感覚ゲーム クエスタ』(総合/木曜・後8:00)
◇梅津正樹『みんなでニホンGO!』(総合/木曜・後10:00)
◇黒崎めぐみ『こころの遺伝子』(総合/月曜・後10:00)
◇松本和也『NHKのど自慢』(総合・BS2・ラジオ第一/日曜・後0:15)
◇荒木美和『テストの花道』(教育/月曜・後6:55)
◇青井実『MUSIC JAPAN』(総合/日曜・後6:10)
◇井上あさひ『いのちのドラマチック』(BShi/水曜・後9:30 BS2/木曜・後8:30)
◇永井伸一『ザ☆スター』(BS2/土曜・後8:00 BShi/金曜・後8:00)
◇国井雅比古・森田美由紀『小さな旅』(総合/土曜・前9:00)

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。