ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年01月28日 20時30分
野村克也氏 (C)ORICON DD inc. 
沙知代夫人をはじめとする家族や野球関係者、EXILEのメンバーなど各界からおよそ800人がお祝いに駆けつけた (C)ORICON DD inc. 
バッドで鏡開き (C)ORICON DD inc. 

野村克也氏“監督通算1500勝&名誉監督就任”を著名人800名が祝福

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 前東北楽天監督・野村克也氏の「監督通算1500勝&同球団名誉監督就任披露パーティー」が28日、都内で行われ野球、政治、経済、芸能の各界関係者らおよそ800人が祝福に駆けつけた。EXILEの歌唱パフォーマンスをはじめ、中曽根康弘元首相、野中広務元衆議院議員らから祝辞を送られた野村氏は「特にヤクルトスワローズには足を向けて寝られません」と、ID野球を駆使しその手腕を発揮した球団をはじめ、関係者らに感謝の弁を述べた。

 野村氏はあいさつで、「東北楽天を解任になりました。あっ、言っちゃダメと言われていましたが心残りでして・・・」とポツリ。さらには、監督任期中に低迷していた阪神の経歴をワザと飛ばし「悪いことは忘れたいものです」と話すなど、相変わらずのボヤキ節で会場から拍手喝采を浴びていた。

 あいさつ後に行われた鏡開きには王貞治氏、原辰徳監督、加藤良三NPBコミッショナーら球界関係者をはじめ、懇意にしている美容外科医・高須克弥氏、タレント・松村邦洋らも参加。また、妻・野村沙知代氏らと交流のある横綱・朝青龍関も登壇予定だったが、これには間に合わなかった。

 球団からは、渡米中で欠席した三木谷浩史オーナーに代わり井上智治オーナー代行が、「今年は(名誉監督として)温かい言葉で励ましてくれると思っています」とあいさつ。野村氏は、ニヤリと笑いながら静かにその言葉に聞き入っていた。

 パーティー終了後、沙知代夫人や息子で巨人・2軍バッテリーコーチの克則氏と共に取材に応じた野村氏は「参加者をみて凄い人がいっぱいで、女房が1から10まで準備してくれて、その力で祝ってもらい感謝しています」と顔をほころばせた。また、今後の“監督”就任の可能性については「今のところ頭の中にはない。頼んでやれるものでもないし、オファーがかかるとはなかなか想像しづらい…」とキッパリ語った。

 沙知代夫人は「これからは迷惑をかけずにコロっと逝ってしまうのが“夫婦孝行”だねと話している。でも、本当は(野村氏が)胴上げで落とされて(逝ってしまう)というのが…ね。残念です」とどこか寂しげな様子。それでも報道陣から野村氏に「これまでの監督生活を振り返って…」との質問が飛ぶと「まだ終わっていませんから!」と噛み付くなど、いつもながらのパワフルなキャラもしっかりとのぞかせていた。

トップアスリートが続々!「スポーツ」関連ニュース一覧


 野村克也

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。