ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年01月28日 06時00分
西武ライオンズの工藤公康投手 (C)ORICON DD inc. 
西田美和 (C)ORICON DD inc. 
(左から)室希太郎監督、時東ぁみ、小松崎夕楠、西田美和、西武ライオンズの工藤公康投手、小川真奈 (C)ORICON DD inc. 

工藤公康、可能なら「一生、野球を続けていきたい」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 西武ライオンズの工藤公康投手(46)が27日、都内で行われたフィギュアスケートを題材にした映画『COACH 40歳のフィギュアスケーター』の完成披露試写会にゲストとして登壇。現役最年長のプロフィギュアスケーターで、同作で映画初主演を務めた西田美和(42)に、“不可能を可能に”という花言葉を持つ青いバラの花束を贈って激励した。現役最年長投手として新たなシーズンを迎える工藤は「不可能を可能にするなら、僕は一生、野球を続けていきたい」と現役へのこだわりを見せた。

 工藤は「みんなが“限界”と言っているところは“限界”ではないと、僕自身は思っています。そこを越えてこそ見えてくるものがあると信じて野球をやっているので、西田さんにも続けて欲しい」と鼓舞。工藤にとってプロ野球のチームで現役を続けているのは夢の通過点で「年齢は関係ない。自分には野球のアカデミーを作るという夢がある。その夢に向かって出来ることから一生懸命やっていると、発見もあるし、出会いもあるし、どうしたらいいか考える時間もできる。いい影響が自ずと入ってくる」と夢を持つことの大切さを説いた。

 バンクーバー五輪に出場するフィギュアスケートの安藤美姫選手をはじめ、荒川静香さん、伊藤みどりさんらが出演していることでも話題の同作。現役を退き、40歳になった現在では、五輪出場という同じ夢を追いかける子どもたちなどを指導している主人公が、ある出来事をきっかけに一度はあきらめた夢、五輪を目指す物語。華やかなフィギュアスケートの世界を舞台に、一人の女性の生き方、夢をおいかける強さを描く。

 西田は「スケートに出会い、スケートを続けてきたからこそ、今の自分がある。感謝の気持ちでいっぱいです。あきらめなければ必ず夢に近づけるということが伝われば嬉しい」と初めての舞台あいさつで緊張気味に話した。

 西田が演じる美和のライバル役で出演する時東ぁみは「初めての映画、初めてのスケート、初めてメガネを外して芝居をした、初めてづくしの作品。多くの人に早く観てもらいたい」と公開が待ちきれない様子。「ラッキーなことに、私はまだ挫折したことがないけど、40代、50代になっても輝いていられるように、夢をあきらめないで頑張りたい」と西田と工藤という先輩に触発されていた。

 この日の舞台には、子役の小松崎夕楠、エンディング曲を歌う小川真奈、室希太郎監督も登壇した。映画『COACH 40歳のフィギュアスケーター』は2月6日(土)より全国順次公開。


 時東ぁみ小川真奈

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。