ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年01月21日 21時30分
蝶野正洋 (C)ORICON DD inc. 
橋本真也さんの長男・橋本大地も出席 (C)ORICON DD inc. 
(左から)AKIRA、蝶野正洋、武藤敬司、船木誠勝、橋本真也さんの長男・橋本大地 (C)ORICON DD inc. 

蝶野正洋、新日本プロレスとは「今後も信頼関係を」 25周年パーティーで退団問題に言及

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 プロレスラーの蝶野正洋が21日、都内で行われた自身のデビュー25周年記念パーティーで、同日のスポーツ紙などで報じられた新日本プロレス退団について言及し、「新日本プロレスの門を叩いて25年。報道関係で賑わせていますが、新日とは今後も信頼関係をもっていく。これから大きな枠で活動していく。ONE LOVE! 神に感謝」と語った。今後は「プロレス、タレント、個人事務所の会社運営を3本柱に、プロレスのプロデュース業も仕掛けていく」とプロレス界の更なる発展のために一肌脱ぐことを明かした。

 「I AM CHONO!」と決めセリフを口火にあいさつした蝶野は「若いうちは強くかっこよくありたいと夢見てリングに上がっていたけど、先輩に“かわいがられ”負ける日々。ドイツ、カナダ、アメリカと武者修行して、プロレス辞めようかという時代もあった」としみじみ振り返った。

 アントニオ猪木を筆頭とする当時の先輩たちからの「やられている姿がどうあるべきか。受けを耐えている姿を見せなきゃいけない。ただ体を鍛えて勝てばいい世界ではない」という教えを胸に刻み、蝶野は「25年迎えて思うのは、感謝!」と会場に集まった盟友・武藤敬司、長州力ら約550人の出席者に向かって、雄たけびを上げた。

 闘魂三銃士として共に競い合ってきた現・全日本プロレスの社長でもある武藤は「蝶野、25周年おめでとうございます。つか、俺とお前、デビュー戦一緒だったよな? だから俺も25周年だよ!? なんかジェラっちゃうな〜。ギャラさえ落としてくれたら、使ってもいいよ? 参院選狙ってない?」とユーモア溢れるあいさつで爆笑を誘った。

 またステージにはモノマネ芸人の長州小力神奈月イジリー岡田が登場。出席を前日夜に聞いたためカツラの準備が間に合わず、故・三沢光晴さんになりきれなかったというイジリーはお詫びに「おめでとう250回高速ベロ」を披露するなど、盛り上げた。

 蝶野は故・橋本真也さん、武藤と共に闘魂三銃士として活躍。IWGPヘビー級王座、NWA世界ヘビー級王座などにも輝き、数々の名勝負を繰り広げている。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。