ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年01月18日 22時30分
キーボード&コーラスのchaoa(カオス) 
ギターのmofto(モフト) 
この日の公演で2人の口から発表 

jealkbから元ハローバイバイ金成ら2人脱退へ 新コンビ結成でお笑い活動に専念

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 ロンドンブーツ1号2号田村淳がhaderu名義でボーカルを務めるビジュアル系ロックバンド・jealkbから、キーボードのchaos(カオス=元ハローバイバイ金成公信)とギターのmofto(モフト=元ガラクタパンチ菊池健一)が4月に脱退し、新たに漫才コンビを結成することが18日、わかった。苦渋の決断を下した2人は「とてもとても希望に満ち溢れた選択」(カオス)、「もう一度、イチから全力でやってみよう」(モフト)とお笑い活動に専念。リーダーのhaderuも「2人で戻って来るまで、5人でjealkbを守っていきます」と売れっ子になった彼らの“凱旋”を心待ちにしている。

 昨年11月よりスタートした全国ツアー『異薔薇ノ未知』だが、この日の神奈川サンフォニックスホール公演でまさかの発表が待ちうけていた。2005年1月に結成、インディーズ活動を経て2007年10月にメジャーデビューするなど、順風満帆に活動を続けてきたjealkb。ロンブー淳を筆頭に、じゃぴょん、ニブンノゴ!、元チープスープ、元ガラクタパンチ、元ハローバイバイなど、彼らが芸人仲間で構成されている以上、音楽活動を“本気”で続ける一方で“本業”もしっかり存在している。

 昨年9月、村上ショージと「なりきんショージ」というコンビを結成してM-1グランプリにも出場して準決勝まで駒を進めるなど、新天地を模索していた金成は昨年12月21日、ブログでハローバイバイの解散を発表。今や都市伝説テラー“スティーブン・セキルバーグ”として売れっ子になった元相方、関暁夫との約13年に及ぶコンビ生活に「人生まだまだ長いですから、こっからもういっちょ踏ん張ります」と別れを告げた。

 東京・銀座7丁目劇場で出会った金成と菊池の2人は今後、初心に帰るべく“ギンナナ”というコンビ名で活動。2月10日付で新コンビを結成して同日に初舞台、3月中旬にソロ単独ライブ開催を予定しており、jealkbとしては4月3日(土)のツアーファイナル福岡公演をもってバンドを正式に脱退する。

 金成は「片や芸歴13年のうだつの上がらないおじさん。片や、ずっと芸人から離れていた、同じくうだつの上がらないおじさん。そんなふたりが、コンビを組むのです。はっきり言って、無謀です。前途多難です。でも人生って、時に無謀で、時に前途多難だからこそ、人生なのです」と「本当に前を見据えた決断」を選んだ。

 「みんなといると安心するの。この7人でいると、何にも怖くない」という菊池も安定を捨て「2人で話し合いもう一度、イチから全力でやってみようっって。そして、2人の存在が大きくなり周りの人間が認めてくれるようになろうって」と再スタートを決意。金成は「一番下のライブから始めます。仕事も全く無い状態から、それだけに集中して、残りの人生注ぎ込みたいんです。未知です。茨の道です。道は違えど、異薔薇の未知です」と裸一貫からのスタートを選んだ。

 jealkebは今後、メンバー増員はせずに5人での活動を継続。haderuは「いつの日か7人で武道館に立てるように頑張ります。これからも応援宜しくお願い致します」と温かく送り出すことを決めた。今月20日にはニューシングル「makemagic」を発売し、22日にはjealkb初の写真集『narcists(ナルシスツ)』を発売する。

◆関連ニュース お笑い 引退解散&復帰再開


 jealkb

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。