ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年12月23日 07時00分
(左から)さくらまや、ノエ・サンピ (C)ORICON DD inc. 
(左から)さくらまや、ノエ・サンピ、諏訪敦彦監督 (C)ORICON DD inc. 

さくらまや、“こども紅白”初出場に「夢が叶って嬉しい」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 演歌歌手のさくらまやが22日、都内で行われた2009年カンヌ国際映画祭<監督週間>出品作品『ユキとニナ』の試写会イベントの舞台あいさつに登壇した。同日に大みそか恒例の『第60回NHK紅白歌合戦』(後7:15〜)の企画コーナー「こども紅白歌合戦」への出場が発表されたさくらは、「夢が叶ったので嬉しいです。負けないように頑張ります」とさっそく意気込みを語った。また、来日した主演の子役ノエ・サンピに向かって「ママがサンタにキッスした」を得意のこぶしを利かせて披露、さらに憶えたてのフランス語で自己紹介してみせ、周囲を驚かせた。

 子役の大橋のぞみが赤組、加藤清史郎が白組の司会を務める「こども紅白〜」の企画で紅白初出場を果たすさくらは、「目標としていた紅白なので、一生懸命歌います」とやる気満々の様子。デビュー曲「大漁まつり」で、大橋とともに歌声を披露する。

 映画『ユキとニナ』は、フランス人の父と日本人の母とともにパリに住む9歳の女の子・ユキが、あるとき両親の離婚の危機を知って止めようと奔走する物語。親友のニナと最後の手段として家出して森に迷い込んだことがキッカケで新たな一歩を踏み出す家族の様子が描かれる。諏訪敦彦氏とイポリット・ジラルド氏が共同監督を務め、撮影当時は演技の経験がゼロだったというノエのシーンは、すべて即興で撮影された。

 初めての映画出演で“大女優”と賞賛されるノエは、「変な感じ」とまだピンとこないようで、「映画に出るのがすごく嬉しかった。そのちょっと前に喧嘩してたから、ニナちゃんと喧嘩するシーンが楽しかった」と撮影時のエピソードを明かし、初耳だという諏訪監督を驚かせた。

 同作を鑑賞したさくらは、ステージ裏では手をつないで歩くほど仲良くなったというノエの演技に「ノエちゃんは(演技を)とても自然にやっていて、すごいなって思った。森の中を歩いているシーンと、妖精の手紙を書くシーンが好きです」と太鼓判。覚えてきたフランス語で自己紹介して通じたかと不安そうな表情を浮かべたが、ノエから「わかった」と笑顔を向けられると安心した様子を見せ、会場を和ませた。

 また今年1年を振り返って、ノエは「カンヌ映画祭に行ったのがすごく嬉しかった。ベルリンの映画祭にも行ってみたい!」と目を輝かせ、さくらは「夏休みにいろんなところにキャンペーンに行ったことが心に残っています。来年は今年大変だったキャンペーンとかをもう1回頑張って、いろんな人にありがとうって言ってまわりたいです」とそれぞれ子供ながらスケールの大きい夢を語り、会場を笑わせていた。

 映画『ユキとニナ』は2010年1月23日(土)より全国で順次公開。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。