ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年12月22日 17時10分
『こども紅白歌合戦』で司会を務める(左から)大橋のぞみ、加藤清史郎 (C)ORICON DD inc. 
大橋との身長差に加藤がっかり? (C)ORICON DD inc. 

『こども紅白歌合戦』開催決定 司会は大橋のぞみと加藤清史郎 「すごくかわいい」と照れまくり

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 NHKは22日、大みそか恒例の『第60回NHK紅白歌合戦』(後7:15〜)の企画コーナーとして「こども紅白歌合戦」の開催を発表した。テレビ、映画、CMで人気子役が大活躍した今年を象徴する企画で、出演者が18歳未満で午後8時までの出番に限定されるため、1曲1分程度で6〜7分のコーナーとして放送開始とほぼ同時にスタート。紅組・こども司会を大橋のぞみ(10)、白組・こども司会を加藤清史郎(8)が担当。歌も披露する2人は同日、東京・渋谷の同局で行われた会見で初対面し、お互いの印象を「すごくかわいい」と照れまくって会場を和ませた。

 子どもパワーで大人を飲み込む。「こども紅白」の紅組は大橋が「ノンちゃん雲に乗る〜崖の上のポニョ〜」をメドレーで披露し、演歌歌手・さくらまや(11)が「大漁まつり」を歌う。一方の白組は、加藤が今年8・9月の『NHK みんなのうた』で放送された「かつおぶしだよ人生は」を披露する。

 さらに白組はSMAP、TOKIO、嵐、NYC boysに続く第5のジャニーズグループが出演。森本慎太郎・岸本慎太郎・中村嶺亜・栗田恵・大塚祐哉・堀之内竜也・岡田蒼生・羽場友紀・橋本涼・井上瑞稀・千野葵の11名で構成される、平均年齢10.5歳のジャニーズ史上最年少にして来年1月末までの期間限定ユニット・スノープリンス合唱団が森本主演映画『スノープリンス』の主題歌「スノープリンス」を歌う。

 司会の2人は「初めて見たときに、すごくかわいくてちっちゃくて。すっごく可愛いです」と大橋が加藤の印象を話せば、加藤は「ちっちゃい…」と苦笑い。大橋は2年連続での出場を決め「今年も紅白に出られて嬉しいです。紅白に出て(今年を)締めくくれるのは夢みたい。清史郎君と2人で頑張ります!」と喜びを語り、初出場の加藤に向けて「緊張しなければ大丈夫です」とアドバイスを送った。

 身長の話題で“男の子のプライド”をグサリとされた加藤だが、大橋の笑顔を前に「すごく可愛いです」と大照れ。「毎年12月31日は家族でご飯を食べながら観ていて、出てみたいな〜ってずっと思っていたので出られることになってすごく嬉しかったです」と緊張した表情で話し、出場の喜びを「昨日か今日友達に言おうとしたら、友達の方から『紅白おめでとう』って言われた。応援するねって言われました」と笑顔をのぞかせた。

 井上啓輔チーフプロデューサーは同企画について「明るく次の年を迎えたいという思いが紅白には込められていて、今年は子どもたちの活躍がめざましく、その姿を観てもらえればと思いました」と説明。審査員をSMAPの香取慎吾がTBS系ドラマで演じた主人公・両津勘吉として務めるが「子供たちに人気のあるキャラクターだということ、実在の誰かではなく夢のある人に審査をしていただきたい。勝敗についても、夢のあるご判断をお願いしたい」と託した。

 “歌の力 ∞ 無限大”をテーマに掲げる今年の司会は、紅白両組合わせて50組が出場(初出場8組)。司会は紅組が女優の仲間由紀恵(2年連続4回目)、白組がSMAPの中居正広(2年連続5回目=2007年の紅組司会除く)が担当し、総合司会を同局の阿部渉アナウンサーが務める。対戦成績は紅28勝、白31勝。

⇒20日には出場歌手の歌唱曲も発表!

◆事前に紅白の情報をチェック!「紅白歌合戦」関連ニュース一覧


 加藤清史郎&アンクル☆させ加藤清史郎大橋のぞみ

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。