ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年12月21日 17時00分
蒼井優 (C)ORICON DD inc. 
上川隆也 (C)ORICON DD inc. 
(左から)平岡祐太、蒼井優、福山雅治、上川隆也、AKB48の前田敦子 (C)ORICON DD inc. 

『龍馬伝』新キャスト発表 第4のヒロインに大河初出演の蒼井優

■その他の写真ニュースはこちら

 歌手で俳優の福山雅治が坂本龍馬役で主演する2010年NHK大河ドラマ『龍馬伝』の新たな出演者発表会見が21日、東京・渋谷の同局で行われ、第4のヒロイン・お元役として大河初出演となる蒼井優、京・近江屋で襲われ龍馬と共に絶命する中岡慎太郎役に上川隆也、陸奥陽之助役に平岡祐太らが発表された。蒼井は「龍馬に心を許してもらう女になるのにはどうすればいいのかと。ハードルの高い役だなと思います」とあいさつ。福山は「中岡と濃密な時間を過ごせたら」と新キャストとの共演に期待をふくらませた。

 広末涼子貫地谷しほり真木よう子に続くヒロイン役に、蒼井は「不安もあり、楽しみもあり。やっと自分の中で『龍馬伝』が動き出す感じ。すでに(岩崎弥太郎役で)撮影に入っている香川(照之)さんからは現場の雰囲気はいいと聞いている。福山さんを支えられたら」と堂々のコメント。上川は「福山さんと一緒に死ねるなんてのは、一生に一度あるかないかのことです」と笑顔で意気込みを語った。

 新キャストのあいさつを受け、福山は「蒼井さんとは初めてですが、すでに香川さんと仲いいみたいでジェラシー。上川さんとは、すでに死ぬみたいになっていますが、演じていると死にたくなくなる。死にたくないと思いながらやっています」と笑いを誘いつつ、充実の表情をのぞかせた。

 すでに発表されていた龍馬の姪・春猪役のAKB48前田敦子も同席し「福山さんが三味線を弾くシーンで、龍馬さんを目の前で見たんですけど、本当にかっこよくて。三味線をモノにしてしまう福山さんは凄いです」とうっとり。福山とは事務所の先輩後輩に当たる平岡は「初めての大河で凄い作品に出演できることは光栄です」と声を弾ませていた。

 そのほか、新キャストに桐谷健太(池内蔵太役)、マイコ(岩崎喜勢役)、池内万作(三条実美役)、天野義久(那須信吾役)もあわせて発表された。

 撮影は先日、福山らが龍馬の故郷・高知県で初めてロケを行うなど順調な様子。風雲児・龍馬を幕末屈指の経済人である岩崎弥太郎の視線から描くオリジナル作『龍馬伝』は2010年1月3日(日)より放送開始。

◆主演・福山雅治の音楽活動に迫る
『福山だからこそ表現できる“恋のカタチ”とは?!』


 福山雅治AKB48

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。