ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年12月18日 10時40分
サバイバル初挑戦のオードリー 
サバイバル唯一の経験者・タカアンドトシは巨大暴れウナギGETに挑戦 
伝説の食材・黄金色の巨大サケを目指すブラックマヨネーズ 

オードリー、『黄金伝説』サバイバル0円生活に初挑戦。水中着も“特別仕様”!

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いコンビ・ココリコが司会を務める『いきなり! 黄金伝説』(テレビ朝日系)の年末恒例企画「サバイバル0円生活」に、お笑いコンビ・オードリーが初挑戦することがわかった。八丈島で100kg超の巨大魚を捕まえるミッションに挑戦する2人のために、番組は“特別仕様”のウエットスーツを用意。春日俊彰は「子どもたちに最高のクリスマスプレゼント、春日がお届けするからね」と豪語し、「海へトゥース」の掛け声と共に大海原へ。嬉々として海へ潜る春日だが、相方・若林正恭は「春日のオーラで魚が逃げてしまう!」と心配そうだ。

 今回の特番では東西南北に別れ、ブラックマヨネーズ、ココリコ・田中、オードリー、タカアンドトシの4組がそれぞれに与えられたミッションを遂行。3日間のサバイバル生活は、自分たちが食べる食料も自分たちで獲らなければならないという過酷なもの。さらに今回は、「サバイバル大賞」と銘打ち、誰が一番カッコいいか、頑張ったのかを一般視聴者と特別審査員による投票により、サバイバル大賞を決定する。

 念願のサバイバル挑戦に興奮気味の春日。オーダーメードのウエットスーツは「魚にも分かるように!」との願いで、テクノカット&名前入り。一方の若林は「虫は苦手だし、体力に自信があまりなくて…」とテンションは低め。潜水が得意な春日は、大喜びでモリを持ち、魚を獲りに出かけ、若林はスーツ姿で山へ入り、泥まみれになりながら食材を探す。徐々に疲労がピークに達していくにつれ、普段は温厚な若林が“ワルバヤシ”に変貌を遂げていくのも必見だ。

 オードリーらが出演する『いきなり! 黄金伝説 超過酷サバイバル頂上決戦! 北と南と東と西でサバイバル0円生活 5時間SP』は、24日後7時よりテレビ朝日系にて放送。

◆ドラマからバラエティまでの最新情報が満載!
「テレビ朝日」系列の番組関連ニュース一覧


 オードリー

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。