ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年12月12日 10時00分

「ダンスはうまく踊れない」の高樹澪が6年ぶり芸能界復帰 知られざる闘病&リハビリ生活

■その他の写真ニュースはこちら

 ヒット曲「ダンスはうまく踊れない」やドラマ『スチュワーデス物語』への出演で知られる歌手で女優の高樹澪(49)が12日、公式ブログを開設して芸能活動を再開させた。これまで大々的には公にされていなかったが、高樹は6年前に片側顔面痙攣という難病を患い活動休止を余儀なくされていた。病気を克服した今回、ちょうどこの日がデビュー30年目の節目を迎えたとあり、ブログで「ちょっと休憩長すぎっ!? さぁっ。いよいよ。第二章 行っちゃいますか(笑)」と綴り、明るく一歩を踏み出した。

 子役として8歳から女優活動を経験していた高樹は1981年、アミューズシネマ第1回作品『モーニングムーンは粗雑に』で本格的に芸能界デビューを飾る。その後、井上陽水が詞と曲を担当した「ダンス〜」がTBS系『金曜ミステリー劇場』(1982年6月〜9月)の主題歌に起用され、オリコン最高3位のスマッシュヒットを飛ばした。1996年〜97年に放送された『ウルトラマンティガ』ではイルマ・メグミ隊長を演じるなど順調に女優活動を続けていたが、6年前、突如病魔が彼女を襲う。

 ある日いきなり顔の皮膚がつり、顔面の痙攣が止まらなくなった。常に顔が震えている状態で、人前に出る仕事を続けられるはずもなく、人知れず活動を休止した。脳の神経が絡み合ってしまい、それを元に戻さない限りこの状態からは解放されない。覚悟を決めて手術に臨み、頭蓋骨に孔をあけ脳にメスを入れる――そして4年前、難病を克服させた。リハビリ期間を経て今、高樹は「4歳ぐらいの感覚に戻った感じ。観るもの全てが新しくて、毎日がすごく楽しいんです」と明るく話す。

 今年の大みそかでちょうど50歳を迎える。今の所属事務所社長と出会ったのが19歳で、ちょうどデビュー30年目の節目でもある。子役時代の8歳から数えれば芸歴は40年近い。病気も完治した。節目の年を迎え、ようやく芸能界に復帰するタイミングをつかんだ。今後は芝居に歌に特にこだわらず何でも積極的にやっていきたいと言う。「特にしぼらず、どんどん楽しんでいきたいんです」と話す高樹の口調からは前向きな姿勢が強く感じられた。

 「お久しぶりです。高樹 澪 生えてま……生きてます。blogはじめましたぁ〜」。ファンに向け最初に綴ったブログは非常にシンプルだが、過去の出来事を全て吹っ切って真新しい自分になろうとしているのがうかがえる。“第二章”は始まった。「どうぞ、長いおつきあいをよろしくお願い致します。まっ、サクッとね。……サクッと」。

主な「引退解散&復帰再開」関連ニュース一覧

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。