ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年12月09日 17時30分
ユニフォーム姿で出席した菊池雄星投手(左)と活躍に期待する渡辺久信監督 (C)ORICON DD inc. 
(左から)松下建太、岩尾利弘、菊池雄星、渡辺久信監督、美沢将、石川貢、岡本洋介 (C)ORICON DD inc. 
背番号17を見せながらポーズを決める埼玉西武・菊池雄星投手(C)ORICON DD inc. 

菊池雄星投手が入団発表会見 石川遼ら同世代の活躍を力に

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

菊池雄星投手が入団発表会見 石川遼ら同世代の活躍を力に  今年のプロ野球ドラフト会議の目玉だった花巻東高・菊池雄星投手が9日、都内のホテルで行われた埼玉西武ライオンズの『2009ドラフト入団選手発表記者会見』に出席した。テレビカメラ18台、通常のドラフト入団会見の倍にあたる230名の報道陣を前に、他の5名の選手と共に登場した菊池投手は「まだ投げることは想像できていない。野球に対する姿勢を大切にして、最後は松坂(大輔)投手のような日本を代表する選手になりたい」とあいさつ。また最近、プロゴルファーの石川遼選手ら同世代のアスリートの活躍にも刺激を受けているようで「やればできるということを学びたい」と語った。

 注目の“ドラ1”のために用意された華々しいお披露目の舞台は、都内ホテルの大宴会場で、普段は大物芸能人らが登壇する映画の記者会見などにも使われる場所だ。同球団が大々的にドラフト選手の入団会見をホテルで行うのは“平成の怪物”として大ブレイクした松坂大輔投手(現・レッドソックス)以来、およそ11年ぶりのこと。前日に菊池投手は本拠地・西武ドームをはじめ球団施設や若獅子寮など見学し「(雰囲気などが)ちょうどよくて住みやすそうです」と、野球に打ち込める環境であることを自身の目で確認していた。

 会見で菊池投手は、ユニフォーム姿で無数のフラッシュを浴びながら、舞台前で待機した渡辺久信監督とガッチリ握手。その後、さっそく「監督も高卒で活躍されているので、結果を出す方法を聞いてみたいですね」とコメントし、背番号17を背負うことには「エースを支える番号。伝統あるチームのユニフォームに袖を通しましたし、結果を出さないと…と思っています」と意気込んだ。

 そんな中、渡辺監督からは「やっぱり体作りが大切。僕も入団当時は73キロと細かった。とにかく、思い切って真っ直ぐを投げて10年間、第一線で投げられるような選手になって欲しい」と期待の声がかかった。現在、菊池投手は、1月の新人合同自主トレに備えて「プールなどで体作りをして、太らないようにしている」といい、実際体重は86kgまで落ち、体脂肪も14%から12%へと引き締めているという。

 初登板の場所、対戦相手などについては「1軍で投げられるならどこでも、誰とでもいい。1試合でも多く投げて、課題を見つけた上で2年目につなげていきたい」と、長期的な展望を見据えつつ、キャンプなどでは「中村(剛也)さん、中島(裕之)さんなどリーグを代表する打者に対して、自分が多少自信を持っているストレートがどれだけ通用するのか対戦してみたい」と自軍の打者との対戦を心待ちにしている様子。また、一部で登録名をフルネームとする案も浮上しているが、これには「名前で野球をやるんじゃない。球団にお任せしています」と特に興味は示さなかった。

 以前より「記憶に残る投手に…」という思いの強い菊池投手だが、「野球に取り組む姿勢や考え方など、野球以外にも貪欲に吸収したい」と“謙虚”という文字がぴったり当てはまる。その点では、世界を舞台に活躍する同世代のアスリートの活躍は相当刺激になっているという。「石川(遼)くんは賞金王でしょ? 世界で活躍している人もたくさんいるし『やればできるんだ!』ということを学べますね」。

 そんな頼もしい息子の会見を脇でじっと見つめていた父・雄治さんは「何年かかるかわかりませんが、プロ野球界を熱くする子になって欲しい」とエール。ユニフォーム姿には「ビシっとしていないのは、まだ体が出来上がっていないからなのかなぁ」とするも、「17という番号を背負っていくわけですし、一生懸命頑張って欲しい」と期待を込めていた。

 そのほか、会見には美沢将、岩尾利弘、石川貢、松下建太、岡本洋介の5選手も同席した。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。