ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年12月03日 11時10分
鳥山明氏と桂正和氏の共同作品『JIYA』カラーカット (c)鳥山明・桂正和 / 集英社 
『JIYA』のロゴ 

ヤンジャン30周年で鳥山明と桂正和がSFアクション『JIYA』で奇跡のコラボ

■その他の写真ニュースはこちら

 『ドラゴンボール』作者の漫画家・鳥山明氏が、同じ漫画家として互いにリスペクトし合う長年の盟友である『ウイングマン』作者の漫画家・桂正和氏との合作となるSFアクション合作漫画『JIYA(ジヤ)』を12月10日発売の『週刊ヤングジャンプ』(集英社)から3回にわたって短期集中連載することが3日、わかった。同誌に鳥山氏が作品を掲載するのは、今回が史上初となる。

 『JIYA(ジヤ)』は、旅行中の男女が、銀河から来襲した異星人が出くわし、男が異星人に体を貸して悪を倒すというSFアクション。鳥山氏と桂氏は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で同時期に連載を持ち、同誌の元編集者で現在は集英社常務取締役で、小学館集英社プロダクション取締役である鳥嶋和彦氏を通じて知り合った旧知の仲。桂氏の代表作『ウイングマン』の作中に鳥山氏の名前を使った“生徒会トリヤマ”や“Mr.マヤリト”が登場し、鳥山氏の代表作『Dr.スランプ』にも桂氏をモチーフとしたキャラクターが登場するなど互いをリスペクトしていることが伺える。

 鳥山氏原作、桂氏作画によるコラボレーションは、今回が2度目。2008年4月に発売された月刊漫画雑誌『ジャンプスクエア』(集英社)では、忍者の末えいで、でん部に奇妙な形のあざを持つ少女を描いた『さちえちゃんグー!!』を1回限りの読み切りとして掲載し、漫画界のビッグネーム同士の初競演にとして注目を集めた。

 鳥山氏は『週刊少年ジャンプ』に1980年から『Dr.スランプ』を、84年から95年まで、『ドラゴンボール』を連載し、漫画界に金字塔を打ち立てた。その後も『カジカ』、『ドラゴンボール』のキャラも登場する『ネコマジン』シリーズなどを発表し、06年には漫画家・尾田栄一郎氏の『ONE PIECE』と鳥山氏の『ドラゴンボール』のキャラが夢の競演を果たすという『CROSS EPOCH』を『週刊少年ジャンプ』誌上で掲載。人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズや、『BLUE DRAGON』のキャラクターデザインを担当していることでも知られている。

 桂氏は1983年から『ウイングマン』を初連載し、その後も『電影少女』『D・N・A2 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』などを掲載し、女性のお尻を美しく描くことに定評がある。2002年からは『週刊ヤングジャンプ』にて、SF漫画『ZETMAN ゼットマン』を連載している。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。