ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年12月29日 06時00分
ORICON STYLEのインタビューに応じた今田耕司(C)ORICON DD inc. 

今田耕司が見せた“43歳独身”の哀愁 「相手見つけへんとね・・・」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 お笑いタレントの今田耕司が、正月特別番組『歌うお正月!6時間笑いっぱなし生伝説 〜ライブ・ザ・よしもと2010〜』(テレビ東京系、来年1月1日午前0時50分より生放送)のPRのためにORICON STYLEのインタビューに応じた。年間を通じてひっきりなしに画面に登場し、巧みな仕切りを見せる今田は、その多忙ぶりを「1日30時間ぐらい必要ですわ」と笑う。しかし「婚活もせな〜。相手見つけへんとね・・・。焦り? そりゃありますよ〜」と本音も明かし“43歳の独身男”の哀愁を漂わせた。

 新春恒例の同特番は、自身が司会を務める『やりすぎコージー』(同局系)のキャストらが集結し、生放送かつ深夜コードギリギリを突いた内容がウリで、今年のコンセプトはズバリ「歌うお正月!」だ。

 今田は同特番のベースとなる『やりすぎ〜』について「まだまだ試行錯誤して、内容も固まってない。これからって感じですわ」としれっと語る。さらに「どっかでまだ人気コーナーが生まれるんじゃないかな? 面白い企画があれば、ゴールデンでもドーンって行けますよ」と理想を語り出したら止まらない。

 定番となったエロ要素の拡大にも、虎視眈々とチャンスをうかがう。「お色気とか、なかなかできなくなっている」とやきもきしつつ「やっぱり、お色気といえばテレビ東京でしょう! 怒られない程度に切り込んでいただきたいな」と、居合わせた同局関係者に熱視線だ。

 一方で、今まで同特番のメイン企画だった「占い」が、司会を務めていたタレント・小笠原まさやの無期限活動中止により見送られたことには苦渋の色を隠せない。婚活に意欲的な今田にとっても毎年楽しみな企画だったが「いろいろアクシデントがあってできない。今年も占いで行きたかったのに」と思わず天を仰いだ。

 これに変わって、今年は“芸人たちの生歌”で勝負することに。それでも「苦肉の策や!」と笑い飛ばした今田は、「みんな、いい歌ネタを持ってるみたいなんですよ。粗いのから、完成度の高いネタを持ってる奴まで、色々いるみたいなんで」と早くも手に汗を握り、ポジティブな構えだ。

 NHKが紅白で「歌の力」をアピールするならば、テレ東は芸人たちが繰り広げるガチの歌バトル。深夜の生放送で芸人たちがぶつかり合えば“嵐”以上の波乱を呼ぶことも予想できるだけに、今田は「生の臨場感を見てほしいですわ」と半ば確信犯的な笑みで見所を語った。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。