ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年11月30日 15時40分
イモトアヤコ (C)ORICON DD inc. 
ゴモラと直接対決 (C)ORICON DD inc. 
“まゆ毛バズーカ”をくらってイモトと同じまゆ毛になったゴモラ (C)ORICON DD inc. 

珍獣ハンターイモト、ゴモラに必殺まゆ毛バズーカ CM撮影に女優気分

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 タレントのイモトアヤコが30日、都内で行われたニンテンドーDS用ソフト『怪獣バスターズ』の発売記念イベントにCMキャラクターとして出席した。珍獣ハンターでもあるイモトは、古代怪獣ゴモラとの対決に臨み“まゆ毛バズーカ”で勝利すると「緊張しました。めちゃくちゃ練習した……」とフラフラ状態。CM撮影は「ピリピリした緊張感があって、女優の空気を感じた」と女優気分を満喫、今年1年を漢字で「走」と表現した。

 同作は『ウルトラマン』シリーズでおなじみのゴモラやバルタン星人といった怪獣を「怪獣バスターズ」の一員となって狩っていく、新感覚の怪獣討伐アクション。CMでは『ウルトラセブン』のウルトラ警備隊、『ウルトラマンメビウス』のCREW GUYS、『ウルトラマンダイナ』のSUPER GUTSに扮した3人のイモトが登場。ゲームに登場する古代怪獣ゴモラと対峙したイモトは、巨大な相手を前にどうするのか…といった様子が描かれる。

 これまでのウルトラ関連ゲームにはなかった“人VS怪獣”という世界観に、普段は日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』の珍獣ハンターとして世界中を飛び回るイモトが、親和性が高いとして起用された。この日は、CMのその後のストーリーとして実際にステージに現れたゴモラと再び対峙。ゴモラを自身のトレードマークである極太まゆ毛の舎弟とし、フラフラになりながら勝利をかみ締めた。

 CM撮影は衣装替えに苦労したといい「3人いるので、1日で30回くらい着替えました」。ロケとは違い、スタジオでの撮影には「お茶とか飲み物、お菓子が半端なくあった。ああいう待遇は普通なんですか? ロケで(の飲み物)は川の水ですからね」とギャップに驚きを隠せない様子だった。

 また今年1年を漢字一文字で振り返ってという報道陣のリクエストに「かっこつけてもいいですか? 『走』です。実際に走ったし、1年間突っ走ってたんで」と得意げ。しかし報道陣から「『毛』じゃないんですか?」と突っ込まれると、「毛はそんなに意識してないです!」と自慢のまゆ毛を吊り上げていた。

 イモトがゴモラの討伐に挑戦するCMは12月1日(火)より全国で放送。ニンテンドーDS用ソフト『怪獣バスターズ』は、バンダイナムコゲームスより3日(木)発売。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。