ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年11月20日 10時00分

「絡み酒」に「中途半端な一発芸」もダメ! 〜忘年会でやってはいけないNG行為

■主なエピソード一覧はこちら

 社会人の常識・非常識から恋愛事情まで、様々な分野でのスタンダードを探るコラム、ORICON STYLE『働きビト』。早いもので今年も1ヶ月あまりとなり、巷には“忘年会シーズン”が到来。社内の顔なじみが一堂に会し、美味い料理と酒を囲めば何かしらのハプニングは付き物だが、第17回目は『忘年会でやってはいけないNG行為』と題しエピソードを募った。許容範囲を超えた飲みすぎによる【絡み酒】や、服を脱ぐなどの【露出行為】のほか、「恥ずかしそうにモノマネを披露されて場が寒くなった。やるなら潔く!」(愛知県/30代/女性)と、腹の据わっていない【中途半端な一発芸】にも冷やかな視線が向けられた。

 忘年会とは、酒を酌み交わしながら1年間の労をねぎらうために開かれる宴会。それにも関わらず「酒に飲まれて周りに絡み面倒をかける」(東京都/20代/女性)、「酔っぱらって他人にケンカをしかける」(愛媛県/30代/男性)というような、迷惑極まりない言動や行動に対し不快感を感じている人が多い。その場に居合わせた人からは「せっかくいい気分で年末を迎えられると思ったのに、みんなが嫌な気分で終わってしまった」(埼玉県/20代/女性)と落胆の色が見え、酒の力を借りて盛り上げようとする気持ちはわかるものの、やはり飲みすぎは厳禁だ。

 さらに、上司から告げられた“今夜は無礼講”の一言を鵜呑みにし、「先輩にタメ口で話しかけている後輩がいた。見ているこっちの方がドキドキした」(東京都/30代/女性)、「仕事の出来が良くない上司に向かって、部下が嫌味交じりに言葉で攻めていた」(徳島県/20代/女性)という“修羅場”に遭遇したことがあるという声もチラホラ。これらの限度を超えた“無礼講”を目の当たりにし、「自分はこうなるまい」と反面教師にした人が多かったのは言うまでもない。

 宴を台無しにするのはマナーや節操ない言動だけではない。忘年会といえば即興のモノマネや一発芸で盛り上がることもしばしば。芸の道は厳しいとも言うが、出し物に関して「恥ずかしそうに芸を披露された」(兵庫県/20代/女性)、「新入社員の一発芸がダダ滑りだった」(埼玉県/20代/男性)とマナーや言動に匹敵する手厳しいコメントがズラリ。また、何気ないように思える「幹事の予約ミス」(大阪府/30代/女性)や「メンバーの1人が自分の彼女を連れてきた」(岐阜県/20代/女性)など、空気を読まない行動も相手を興ざめさせてしまう要因に。

 「酒は飲んでも飲まれるな」という言葉が身に染みる“ダメ”エピソードの数々が寄せられた今回の『働きビト』。いくら“年忘れ”と言えど、ハメを外しすぎてしまっては、白い目がつきまとうだけでなく仕事面にも影響を及ぼしかねない。だからと言って、何のハプニングも起こらない会というのも味気ないので、これらの点に気をつけながらも1年間を共に駆け抜けてきた仲間たちと大いに盛り上がって頂きたい。

【調査概要】
調査期間:2009年10月28日(水)〜11月2日(月)
調査対象:計1000人(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員で有職者の未婚20代、30代の男女、各250人)
調査方法:インターネット調査




■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。