ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年11月18日 14時20分
最後は笑顔で握手を交わしたプロビーチバレーの(左から)西堀健実、浅尾美和選手(C)ORICON DD inc.  
(C)ORICON DD inc.  

浅尾&西堀両選手がペア解消を正式発表 「結果を出せなかった」

■その他の写真ニュースはこちら

 プロビーチバレーの浅尾美和、西堀健実両選手が18日、都内で会見を行いペアを解消することを正式に発表した。キュートなルックスから“ビーチの妖精”と言われ、本業以外にCMやバラエティ番組などでも活躍する浅尾選手はペア解消の理由について「プレースタイルの違いとかではなく、ロンドン五輪に向けステップアップするには、この方法がいいと思った」と説明。一方、西堀選手は5年間ツアーで優勝出来なかったことに触れ「結果を出せなかったことが要因の1つにはなった」と話した。今後はそれぞれ、2012年のロンドン五輪の出場を目指していくという。

 会見には、スポーツ系媒体のほか、芸能記者も含めた約60名の報道陣が集結。終始、笑顔をみせた浅尾選手は、今後の新パートナーの発表について「早く決まった方が早く始動できるので早く決めたい」とコメント。2人で編み出した“勝利のV”に関しては「あくまで西堀さんとのオリジナルなので……」と今後は封印すると宣言。今後については「クセも知っているので(敵として西堀は)イヤです! でも、いいライバルとしてやっていきたい」としたが、お互いが離れて見つめ直した結果、再びタッグを組む可能性に関しては「あると思います」(西堀)「“ごめんなさい会見”をやります」(浅尾)と、否定はしなかった。

 いい結果は出せなかったものの、ビーチバレーを世間に広めて、多くのファンを獲得したのは確か。浅尾も「(試合をやるごとに)確実にお客さんは増えた。電車に乗ったり、街を歩いても声をかけられるようになった」とタレントのような思いをしたことを振り返ったが、両選手の所属事務所社長は浅尾の今後について「あくまでアスリートとして活動させる。確かに、バラエティ番組などのオファーも沢山頂いて嬉しいが…(タレント転身は)ない」とキッパリ。2人の新ペア発表については「現時点では白紙状態」としたが、練習期間などを逆算すると「早ければ1か月。遅くとも年内には発表したい。ただ、ペアはこちらが決めるのではなく、あくまで本人たちが(ペア候補を)探して話してから。(事務所として)具体的な打診はしていません」と語った。

 両選手が目指すロンドン五輪まで開幕まで2年半。「パートナーは違っても、目指す場所は一緒。(五輪の)コートで再会したい」と口を揃えた2人。競技に集中して、その“実力”をブレイクさせる時期が近づいているのかもしれない。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。