ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年11月14日 13時00分
竹内結子 (C)ORICON DD inc. 
巨大なハムカツ看板にヒット祈願の筆入れをする阿部サダヲ (C)ORICON DD inc. 
(左から)水田伸生監督、いしだあゆみ、竹内結子、阿部サダヲ、瑛太、塚本高史、宮藤官九郎 (C)ORICON DD inc. 

竹内結子、意味深な過去のストレス発散法に会場唖然

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の阿部サダヲ瑛太竹内結子らが14日、都内で行われた映画『なくもんか』の公開初日舞台あいさつに登壇。劇中で阿部演じる主人公が少し変わったストレス発散をするシーンにちなみ、竹内は実際のストレス発散法として「昔はタオルを何回も何回も折って口に当てて、おもいきり『わぁー!』って大きな声を出すとかしてました。それでスッキリ」と過去のエピソードを明かすと、会場は何かを感じとったように唖然とした空気が流れた。

 映画『舞妓Haaaan!!!』(2007年公開)の脚本・宮藤官九郎、主演・阿部、監督・水田伸生のチームが再集結した同作は、幼い頃、父親に捨てられるという複雑な過去を持つお人好しの兄・祐太(阿部)と、空気の読めない芸人で生き別れの弟・祐介(瑛太)が偶然出会ったことから巻き起こる出来事を描いた家族の物語。

 上映後、ステージに登場した阿部は「初めて観終わった人の前でお話しするので、今日は頑張ってハムカツ色のスーツで来ました。こちらがハム、ネクタイと足元はソース、そしてこちらが小麦粉となっています」と、裏地が白でラクダ色のスーツ、ピンク色のYシャツ、茶色のネクタイと靴を自らアピールして爆笑を誘った。終盤には同作で描かれる惣菜屋『デリカの山ちゃん』の人気商品ハムカツに見立てた看板に、阿部が秘伝ソース入れならぬ筆入れを行いヒットを祈願した。

 ストレス発散法について阿部は「芝居で(今回みたいな)オカマみたいな役をやっていると、ストレスは発散される」、瑛太は「熱帯魚の水換えです。水を換えた次の日は、グッピーのメスが子供を産む確率が高いんです」とそれぞれ微笑ましく回答。それに続いて竹内が元夫の歌舞伎俳優・中村獅童との離婚劇を思わせるような生々しい発散法を明かすと、会場はざわつき、司会者からは「記者の方はくれぐれもよろしくお願いいたします」とフォロー。最後には「もうやってません!」と竹内本人が苦笑いでその場を納めていた。

 舞台あいさつにはほかに塚本高史いしだあゆみ、宮藤、水田監督が出席。

◆阿部サダヲ×瑛太インタビュー『2度目の共演でお互いに印象の変化は?』

◆瑛太×妻夫木×小栗×春馬が出演中! 資生堂『uno』CMメイキングフォトギャラリー


 いしだあゆみ

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。