ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年11月11日 11時00分
昨年度王者の中山功太 (C)ORICON DD inc. 
記者会見の様子 (C)ORICON DD inc. 

『R-1ぐらんぷり2010』開催決定 前年王者・中山功太に危機感

■その他の写真ニュースはこちら

 一人話芸の日本一を決めるお笑いの祭典『R-1ぐらんぷり2010』の記者会見が11日、都内で行なわれ、昨年度王者のお笑い芸人・中山功太 らが出席。中山は開口一番「僕のこと、覚えてますか? いろんなしがらみや僕の力不足で、売れることはありませんでした。このままでは『R-1ぐらんぷり』の名を汚すことになる」と切り出し「次? 出ますよ。いけるネタがあれば」と連続出場の可能性を示唆した。

 プロ、アマ、所属事務所不問で、「とにかくおもしろい一人話芸」で王者の座を争う同大会。昨年度チャンピオンの中山は「売れることなく、体重も10キロ増えて」と優勝の恩恵を受けられなかったことを引き合いに笑いを誘いつつ、最後は「大事な大会だったし、誇りです」と胸を張った。

 会見には昨年ファイナリストのエハラマサヒロをはじめ、あべこうじCOWCOW(よし・多田)、ガリガリガリクソン、岸学(どきどきキャンプ)、くまだまさし、庄司智春品川庄司)、椿鬼奴、ゆってぃが同席。前大会準優勝のエハラは、「2位の人って次の大会で決勝に行くことないんだよね」(中山)というツッコミに対し「鬼門だと思ってる。ジンクスを打ち破りたい」と鼻息荒く語った。

 優勝を逃した際の公約に「今後出場しない」と掲げていたあべは「今年はゼロからスタートしようと思ってる。だから、うざいこと、言わない」と芸風を封印し、新境地で臨むことを報告。庄司は、妻で歌手の藤本美貴をネタにされていじられながらも「決勝に行ったら、前回のエハラみたいに嫁さんを連れてこようかな」と昨年度の決勝会場に彼女を連れてきたエハラのエピソードを引き合いにトークを展開するなど、優勝賞金500万円をかけて早くも火花を散らした。

 『R-1ぐらんぷり2010』のエントリー期間は同日より12月14日(月)まで設けられ、12月25日(金)から一回戦がスタート。敗者復活戦「サバイバルステージ(仮)」は来年2月に関西テレビ・フジテレビ系にて夕方帯で生放送され、決勝は来年2月に関西テレビ・フジテレビ系にてゴールデン枠で生放送される。

◆過去の『R-1ぐらんぷり』王者をチェック!
2009年2008年2007年

 

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。