ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年11月03日 15時50分
IMALU (C)ORICON DD inc. 
イベントの様子 (C)ORICON DD inc. 
(左から)益若つばさ、忽那汐里、いきものがかりの水野良樹、吉岡聖恵、山下穂尊、IMALU (C)ORICON DD inc. 

IMALU、渋谷でファン150人とポッキーダンス さんまの「稼いでる!」発言に苦笑い

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優の忽那汐里、モデルの益若つばさ、IMALUがCM出演するグリコ『ポッキー』のPRイベントが3日、東京・渋谷の数ヶ所で行われ、“ポッキープリンセス”の3人がシグマパーキング宇田川町でのイベントに揃って登場。CMソング「じょいふる」を歌ういきものがかりの生演奏に合わせて、ファン150人と弾ける元気なポッキーダンスを披露した。CM初出演となったIMALUに報道陣が、明石家さんまを引き合いに出し「お父さんが『(IMALUが)CMに出て稼いでる!』と言ってますが」との質問に「そんなわけない! あっちの方が…(稼いでる)」と苦笑いした。

 この日のイベントは、ポッキーに形状が似ている“1”が並ぶ11月11日を『ポッキー&プリッツ日』と制定し、平成11年より同日もしくはその前後の休日に実施。渋谷のど真ん中で“コラボ”した忽那は「前のCM時のダンスより今の踊りの方が真似しやすいみたいでいいですね」と笑顔。以前、CM会見で「ダンスは苦手」と明かしていた益若も「周囲からは(CGで)『顔だけ出演?』と聞かれることもあった。まだ(いきものがかりのように)歌いながら踊ることはできないですけど…」と語ったものの、大勢の前でのパフォーマンスにようやく慣れた様子だった。

 イベント後の取材では、IMALUに対し相変わらずの“さんま&しのぶ”の親ネタ質問攻め。IMALUは「仕事のことはあんまり話してない。この前、父から好きなキャラクターグッズを貰ったのも3〜4年ぶり。(さんまとは)会話も滅多にないし、連絡もしないのでわからないですね…」と、恒例化した質問に辟易している様子だった。

 会場では、明日4日からいきものがかりが出演し、限定オンエアされる新作ポッキーのCMを上映。SHIBUYA109前、PARCO公園通り、マルイ、PARCOスペイン坂などでも関連イベントが行われており、この模様は今月11日のJFN系『やまだひさしのラジアンリミテッドDX(デジタルクロス)』(深1:00〜)で放送される。

◆忽那×益若×IMALUが『ポッキー』CMでハジけたダンスを披露

◆シーズン真っ只中! 『学園祭キング・クイーン』は?


 いきものがかり益若つばさ

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。