ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年11月02日 16時15分
有吉弘行 (C)ORICON DD inc. 
(左2番目から)溝端淳平、益若つばさ、有吉弘行 (C)ORICON DD inc. 

有吉、“今年の顔”溝端淳平に負け惜しみ「今年は僕の方が売れてた」

■その他の写真ニュースはこちら

 絶妙な毒舌で再ブレイク中のお笑いタレント・有吉弘行が2日、都内で行われた月刊誌『日経トレンディ』(日経BP社)主催の「2009年ヒット商品ベスト30」発表会にゲストとして出席。“今年の顔”に俳優・溝端淳平が選ばれたことに、有吉は「溝端くんより僕の方が売れてた」と少し不満げ。最初は強気にコメントしていたが「手当たり次第(メディアに)何でも出た。来年は溝端くんに少しでも近づけるようにしたい」とだんだん語気を弱めてしまった。

 活躍が認められ“今年の顔”に選ばれた溝端は会見で「すごく恐縮です。今年はありがたいことに充実していましたが、今が一番しんどい時期。これから結果も求められるので、ふんどしを締めなおして頑張りたい」と20歳とは思えないコメント。同じくゲストとして出席した人気モデル・益若つばさから「ちょいちょい言ってることが古い。(本当に)ハタチ!?」と突っ込まれていた。

 また、先日自身のブログで「有吉を殺す会」という宛名で殺害をほのめかす手紙が届いたことを綴っていた有吉は、話題がそのことに及ぶと「本当に来ました」と予告が届いたと告白。ただ「全然大丈夫です。本格的なやつだと問題ですけど、よくあるんですよ」と有名税と捉えている様子だった。

 同誌の『2009ヒット商品ベスト30』は、1987年の創刊以来続いている人気企画。今回のランキングは昨年10月から今年9月の間に発売された商品やサービスが対象で、売れ行きや影響力などのほか“新規性”“市場創出性”などを評価基準とし、総合判定を行う。今年のヒット商品1位は、ハイブリッド車(HV車)の「プリウス&インサイト」(トヨタ自動車・ホンダ技研工業)。同ランキングが掲載されている『日経トレンディ12月号』は4日(水)発売。

◆過去の日経トレンディ“今年の顔”をチェック!
2008年2007年


◆溝端淳平がスーツ姿でランウェイ!
『東京ガールズコレクション2009A/W』フォトギャラリー



 益若つばさ

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。